6月3日は「測量の日」です。

測量の日

今日は「測量の日」です。

27年前に建設省、国土地理院などが制定しました。

67年前の1949年6月3日に「測量法」が公布されました。

「測量の日」は測量・地図への幅広い理解と関心を深めてもらうことを目的としています。

測量士

測量士は日本において測量業者に配置が義務づけられている国家資格です。

測量法に基づき国土交通省国土地理院が所管しています。

測量士は測量業者の行う測量に関する計画を作製し、または実施します。

測量士補は測量業者の作製した計画に従い測量に従事する。

一般に測量業者の行う基本測量または公共測量に従事する測量技術者は、測量法に定めるところにより登録された測量士又は測量士補でなければなりません。

また、測量業者はその営業所につき、1人以上の有資格者を設置する事が測量法により規定されています。

資格

  1. 文部科学大臣の認定した大学、短期大学、又は高等専門学校において、測量に関する科目を修め、当該大学等を卒業し、測量に関し実務経験(大学は1年以上、短大・高等専門学校は3年以上)を有する者。
  2. 国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設において1年以上測量士補となるのに必要な専門の知識及び技能を修得し、測量に関して2年以上の実務経験を有する者。
  3. 測量士補で、国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設において、高度の専門の知識及び技能を修得した者。
  4. 国土地理院が行う測量士試験に合格した者。

合格率

平成26年は2394人が受験し、合格者は290人、合格率は12.1%。
平成27年は2739人が受験し、合格者は315人、合格率は11.5%。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする