4月28日は「労働安全衛生世界デー」です。

世界生命の日

今日は「労働安全衛生世界デー」です。

労働安全衛生世界デーは102年前の1914年にカナダで「包括的労働者補償法」が成立した日を記念して、カナダ地方公務員組合が1984年に「労災犠牲者追悼の日」として制定したのが始まりです。

1991年にカナダ議会が国の追悼の日の一つと定め、次第に他の国でも広まりました。

1996年に国際労働組合総連合 (ITUC) が国際的な記念日とし、2002年には国際労働機関 (ILO) が国連の国際デーの一つとしました。
2003年に「労働安全衛生世界デー」に名称を変更。

労働安全衛生法

労働安全衛生法は、労働者の安全と衛生についての基準を定めた日本の法律です。

労働安全衛生法は労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成と促進を目的とする法律です。

事業者は、法律で定める労働災害の防止のための最低基準を守るだけでなく、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて職場における労働者の安全と健康を確保するよう努めなければいけません。

世界の労働環境

世界全体では毎年3億人以上の労働者が仕事中に怪我などをしています。

また仕事中の事故や疾病で亡くなる方は約230万人。

未だに景気の後退や利益の拡大のために安全性を引き下げる企業は少なくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする