10月20日は「リサイクルの日」です。

リサイクルの日

今日は「リサイクルの日」です。

日本リサイクルネットワーク会議が1990年に制定しました。

「ひとまわり(10)、ふたまわり(20)」の語呂合せ。

この記念日が発展して、通商産業省(現在の経済産業省)ほか8省庁が10月を「リサイクル推進月間」(現在のリデュース・リユース・リサイクル推進月間)となりました。

リサイクル

我が家の場合、嫁の強力な監視の元、ゴミを捨てるときはしっかりと分別をするように教育されています。

わたしはゴミの分別が苦手で、よく間違えて嫁に怒られます。

ゴミの分別はしなければいけないことですが、複雑になりすぎると大変ですよね。

商品トレーなどは簡単なのですが、ビニールゴミはどこまで捨てていいのか悩みます。

きれいなビニールはビニールゴミとして処分していますが、少し汚れているものなどはビニールゴミなのか燃えるゴミなのか本当に悩みます。

なんとかもっと分かりやすく処分しやすいリサイクルの方法を考えてもらいたいなと思っています。

ゴミを家に持ち込まない

リサイクルよりも大切なことだと思うのがゴミを家に持ち込まないことだと思います。

我が家では断捨離アンの嫁のおかげで浪費が極めて少ない家となっています。

消費するもの以外に関しては、本当に必要かをしっかりと検討して購入するようにしています。

悩みに悩んで購入するから、ほとんどムダなものはありません。

ムダなものが少ないから、結果的にゴミも少なくなります。

再利用できるものは再利用するようにもしています。

自ら排出するゴミを減らすことでリサイクルへの負担も減らせます。

まずはゴミとなるものを家に持ち込まないように意識をすることが大切だと考えます

簡易包装

最近は見かけることが少なくなりましたが、いまでも過剰包装のお店があります。

包装紙もタダではないので、そんなに過剰にしなくてもと思って「簡易包装でいいですよ」と言ってしまいます。

商品の梱包なども、もっと簡易でいいものもがたくさんあります。

社会全体が意識することで、ゴミが発生する原因を減らすことが出来ると思います。

リサイクルはもちろん大切なことですが、同時にゴミを発生させない社会を目指す必要があると考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする