「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

9月23日は「不動産の日」です。

2016年9月23日

不動産の日

今日は「不動産の日」です。

全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が1984(昭和59)年に制定しました。

秋は不動産取引が活発になる時期であることと、「ふ(2)どう(十)さん(3)」の語呂合せから。

不動産

AERA」の9月26日号に【住みたい沿線ランキング】が掲載されていました。

関西住みたい沿線ランキング

順位 沿線
1位 阪急神戸線
2位 地下鉄御堂筋線
3位 JR東海道本線(西)
4位 阪急神戸線
5位 京阪本線
6位 阪急宝塚線
7位 JR山陽本線
8位 地下鉄谷町線
9位 北大阪急行
10位 京都地下鉄烏丸銭
11位 阪神本線
12位 JR大阪環状線

阪急路線と地下鉄御堂筋路線はやはり人気が高いですね。

住んでいて便利な点と、閑静な住宅街もあるから人気が高いと思います。

自宅について

我が家のある沿線は、今回のランキングのベスト10に入っています。

ありがたいことです。

何がありがたいかというと、我が家はいつかは売りに出して別の地域で住むことを考えています。

老後の話になりますが、田舎でゆっくりと生活するか、本当に駅前の1LDKくらいの小さなマンションに住むかを考えています。

だから、土地の価格が下がると売りに出したときの価格が減るので困ります。

一生に一度の大きな買い物と呼ばれる一戸建ての購入でしたが、購入当時から販売することを考えて購入しました。

なので駅から徒歩圏内、30坪以上、閑静な住宅街を選んで購入しました。

終の棲家として、今の自宅に住み続けないと考えるのは寂しいことですが、自分たちのライフスタイルの変化に合わせて住む場所を変えるのことは大切なことだと思います。

子育て世代

今は4歳の息子がいます。

我が家の構成は子供2人を想定して自宅を購入しました。

1階はリビング、2階に寝室と子供部屋です。

子供を育てている間は、このくらいの空間は必要だと思いますが、子供が独立した後には、ムダな空間が多くなります。

夫婦2人で住むにはゆっくりできるリビングと寝室さえあれば十分だと思っています。

なので、子供が独立したらマイホームは手放し、小さなマンションに住みたいです。

独立した子供が帰ってきた時に泊まるスペースを心配する人もいますが、年に数回のことをいちいち心配してられません。

みんなでリビングで雑魚寝でいいと思います。

中途半端に価値がある不動産を残すほうが、私たち夫婦が亡くなったと後のことを考えると子供たちに迷惑を掛けることもあります。

ライフスタイルに合わせて住環境を変える、私たち夫婦はそのことをしっかりと考えています。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る