2月8日は「〒マークの日」です。

郵便マークの日

今日2月8日は「郵便マークの日」です。
29年前の1887年によって逓信省(現日本郵政グループ)により制定されました。

郵便マークは当初は「丁」だった

当時の逓信省は「今より (T) 字形を以って本省全般の徽章とす」と告示しました。これが郵便マークの始まりです。
でも今と形が違いますね、一説によると逓信(テイシンチョウ)のローマ字読み「Teishin」の「T」の頭文字だと言われています。

しかし、Tマークでは国際郵便の取り扱いでは、郵便料金不足の印として使われていたため、混同されると困るとことになり、「郵便マークの日」から6日後に現在の「〒」に変更されました。

年賀状の発行枚数

郵便といえば1年に一度の苦行「年賀状」です。
毎年、もっと早く準備をしておけば良かったと思いながらクリスマスを超えた頃から準備をし始めて苦行になっています。

年賀状は1949年に始めて発行され1950年のお正月に始めて届けられました。その当時の発行枚数は約1億8,000万枚だったそうです。

ピークは2003年の約44億6,000万枚で、そこから減少傾向になり昨年の発行枚数は約32億枚だったそうです。

昨年の場合は1人当たり約25枚の年賀状を使用し計算になるそうです。

メールなどの普及により、年賀状の枚数も減っていますね。
嫁は毎年、年賀状の断捨離を行っており、毎年確実に送る人を厳選しています。本当に出来た嫁です。

一方のわたしはなんとなく送り続けている人が大量です。嫁を見習って来年は少し人数を絞ってみたいと思います。
来年は酉年ですから、いまから年賀状用の素材を用意すれば年末の苦行も少しは楽になるかな・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする