11月11日は「ポッキー&プリッツの日」です。

ポッキー&プリッツの日

今日は「ポッキー&プリッツの日」です。

江崎グリコ株式会社が1999年11月11日に制定しました。

「1111」が4本のポッキーあるいはプリッツに見えることに由来。以後、毎年キャンペーンを実施しています。

ポッキー

みんな大好きなポッキー。

わたしは断然、プリッツよりポッキーです。

しかし、よく考えると10年以上買っていない気がします

どこかに遊びに行った時などに食べる機会はあっても、自分で買う機会がなかったこと気付きました。

振り返ってみると高校生の頃に買った記憶がありますが、それ以降に買った記憶がありません。

そもそも、お菓子を買う習慣がないのでポッキーに限らずお菓子を買う機会が少ないのですが・・・。。

お菓子を食べるくらいなら白米を食べたい性分のわたしにはお菓子のありがたみがあまりない人間なんです。

息子とお菓子

先日、久しぶりにお菓子を購入しました。

購入した理由は息子のためです。

4歳の息子は週に100円のお小遣いで毎週お菓子を購入しています。

わたしと違いお菓子大好き人間に成長しています。

しかし、まだまだ幼いので、自分が1週間で食べるお菓子の量がよく分かっていません。

渡したお小遣いだから好きなものを買ってくれたらいいんですが、見ているとハラハラします。

1週間分のお菓子なのにアメを購入したり、どう考えても1週間も持ちそうでないものを購入してきます。

そして週の中盤には全て食べきって、お菓子がないと不機嫌になります。

そこで登場するのがお父さんのお菓子です。

お父さんのお菓子を発見して、

これ食べていい?

となります。

そうなると、こっちのものです。

いい子だったら食べてもいい。いい子ですか?

と息子に聞いて、

いい子です!

と言うと買っていたお菓子を1枚あげます。

お父さんの株も上がり、息子も一時的にはいい子になろうとしてくれます。

自分では食べる気がありませんが、息子のために役立つお菓子。

しかし癖になるといけないので、今のお菓子がなくなったら、しばらくは控えようと思います。

なんとかお小遣いを上手く使えるように成長して欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする