8月17日は「プロ野球ナイター記念日」です。

プロ野球ナイター記念日

今日は「プロ野球ナイター記念日」です。

68年前の1948年8月17日に、日本のプロ野球史上初の夜間試合が行われたことに由来。

試合は読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズで、横浜ゲーリッグ球場(横浜公園平和野球場)で行われました。

「ナイター」という言葉もこの時初めて使われました。

オリックス・ブルーウェーブ

高校生になり入学式の翌日からアルバイトを始めました。

そのアルバイトが当時のオリックス・ブルーウェーブの本拠地、グリーンスタジアム神戸での売り子でした。

歩合制

売り子のアルバイトは歩合制。

わたしが担当していたたのは「焼きそば」。

1個販売して、約50円がわたしの手取りになります。

もう20年近く昔のことですので、金額は間違っているかもしれません。

給与は3連戦が終わり、次の3連戦の最初の日に以前の3連戦の分が頂けます。

3連戦で稼げる給与は大体1万円から1万5,000円くらい。

1日3,000~5,000円の給与ですが実質の労働時間は2~3時間。

やる気さえあれば売店に入って働くより、すごく稼げました。

売上を上げるために

当たり前のことですが、いつも買ってくれる人を覚えて、仲良くなることです。

そうすると、来てくれる時はいつもわたしから購入してくれるようになりました。

団体客を狙う。

野球チームなどの団体などでしたら一気に10~20個も売れることもありました。だから野球チームの監督など関係者は仲良くしていました。

孫と来ているおじいちゃんを狙う。

おじいちゃん、おばあちゃんは結構な確率で購入してくれます。その時にお孫さんを必ず褒めるようにしていました。

野球の邪魔はしない。

ものすごく盛り上がっている時は販売を諦めて、誰の視界の邪魔にもならない場所で待機します。

邪魔をして怒られるのも、気分を害されるのも面倒です。

甲子園

売り子をしていた当時、甲子園の売り子のヘルプにも行ったことがあります。

良くも悪くもガラが悪い・・・

オリックス・ブルーウェーブのファンとはお客様の層が全く違います。

熱気がすごいです。

お客様の数も全く違うので売れる量もスゴいです。

1.5倍くらい稼げますが、2倍以上疲れた記憶があります。

もうあんな経験をすることはありませんが、良い経験だったと思います。

高校生の3年間、売り子をやっていましたが野球の細かい部分は分かることなく終わりました。

いまだにショートがどこにいるのか不明です・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする