10月15日は「きのこの日」です。

きのこの日

今日は「きのこの日」です。

きのこの消費拡大と生産振興を図るため、きのこに対する正しい知識の普及、啓蒙活動を積極的に推進して、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法の浸透を図るために、日本特用林産振興会によって制定されました。

「きのこの日」を中心に展示即売会、講習会などのイベントが全国各地において行われると、マスコミに対するパブリシティ活動も行いやすくなり、普及・啓蒙活動の実効性が高まると期待されています。

10月はきのこが最も多く取り扱われる月であり、天然のきのこも多く採れる月で、きのこ狩り、紅葉狩りなど山の幸を実感できる月でもあります。

また、10月はスーパーなどの店頭できのこコーナーが拡充される月であり、冬場の鍋需要を前に、消費拡大のためのイベント等の実施に最も適した月でもあります。15日は一般に月の中日で慌ただしくなく消費者に対してきのこの良さをアピールするのに適していると思われます。

よって10月15日を「きのこの日」と定めることを提唱し、制定に至りました。

きのこ

わたしは家に在庫がないと困る食材が数種類あります。

「卵」「玉ねぎ」「納豆」「豆腐」「生姜」そして「きのこ」です。

「きのこ」はこれといって品種にはこだわりませんが、「きのこ」がないと不安を感じます。

だってキノコはどんな料理に使用しても安定して美味しいという魔法の食材だからです。

買い出し

我が家は夫婦共働きなので、買い出しは週末に家族全員で行きます。

キノコを選ぶのは4歳の息子の役目になっています。

息子が好んで選ぶのは「しめじ」。

バターで炒めても美味しいし、お味噌汁に入れても美味しい、鍋にも入れたい、何でも使える万能のキノコ「しめじ」。

そして、たまに「エリンギ」を選びます。

エリンギはバター醤油炒めですね。炊き込みご飯にしても最高です。食感がいいから、わたしも大好きです。

しかし、キングオブキノコの「しいたけ」を選んでくれません。

どうしても我慢できない時に

「しいたけ」も買っていい?

と息子に確認してから購入します。

「えのき」も同じようにして購入します。

メチャクチャたまに「まいたけ」は選んでくれます。その週はなんだか良い週になりそうな予感を感じます。

これからの季節は「なめこ」も美味しいですよね。

近々、なめこ汁を作りたいと思います。

寒くなってきたから、体の芯から温まるなめこ汁に癒やされたいと思います。

今週末の買い出しで息子がどのキノコを選ぶのか楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする