5月8日は「母の日」です。

母の日

今日は「母の日」です。

111年前の1907年5月12日にアメリカでアンナ・ジャービスが亡き母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を開き、白いカーネーションを贈ったのが起源とされています。

アンナ・ジャーヴィス(Anna M Jarvis)

アンナ・ジャーヴィスさんが亡き母にカーネーションを贈る運動をから始まった母の日。

アン・ジャービス(Ann Jarvis)

アンナ・ジャーヴィスさんの母親、アン・ジャービスさんは地域の医療・衛生環境を改善しようと、「Mothers Day Work Club」というボランティア団体を組織し、地域の医療補助活動を行っていました。

当時のアメリカは奴隷制問題などから始まった南北戦争の真っ只中。

アン・ジャービスさん住むウエストヴァージニア州には「北軍」と「南軍」の両軍勢が駐屯していました。

医療の発達の遅れや衛生環境も悪かったこともあり、両軍の兵士の間で「チフス」や「はしか」などの病気が流行っていました。

アン・ジャービスさんのボランティア団体「Mothers Day Work Club」は、「北軍」と「南軍」関係なく病気やケガに苦しむ全ての兵士たちに看護を行う団体として有名になっていきます。

南北戦争が終結した後もアン・ジャービスさんは平和活動などの活動を続け、1905年5月9日に亡くなりました。

白いカーネーション

アン・ジャービスさんが亡くなって2年後、1907年5月12日にアン・ジャービスさんが日曜学校の教師をしていた教会で娘のアンナ・ジャービスさんが記念会を開き白いカーネーションを贈ります。

翌年の1908年5月10日、同じ教会で470人の生徒と母親が集まり最初の「母の日」が行われ、アンナ・ジャービスさんは母親の好きだった白いカーネーションを参加者全員に手渡します。

このことから白いカーネーションが母の日のシンボルになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする