「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

9月13日は「世界の法の日」です。

2016年9月13日

世界の法の日

今日は「世界の法の日」です。

1965年9月13日から20日までワシントンで「法による世界平和第2回世界会議」が開催され、そこで、何人も正式な法律以外に支配されることはないという「法の支配」を国際間で徹底させることで世界平和を確立しようという宣言が採択され、9月13日を「世界法の日」とすることになりました

1961年、東京で開催された「法による世界平和に関するアジア会議」で「世界法の日」の制定が提唱され、2年後の1963年アテネで開かれた「法による世界平和第1回世界会議」で可決され、第2回世界会議で宣言されたものです。

この日とは別に、日本では1960年から10月1日を「法の日」としている。

憲法と法律

日本の憲法「日本国憲法」は第二次世界大戦後の1947年5月3日に施行されました。

その「日本国憲法」をベースにして現行の法律は定められてます。

様々な法律は憲法に基づいて、憲法の範囲内に定めないといけません。

日本国憲法第9条

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

昨年、大きな話題となった「戦争法案」。

一番の問題は「日本国憲法第9条」に背いている部分だと思います。

わたしは憲法や法律には詳しくありません。全くの素人です。

ですが、安倍晋三首相の考える「戦争法案」には納得できません。

素人の目線から考えても、憲法にあっているとは思えないからです。憲法解釈で納得できる範囲ではないと思います。

それを言うと「自衛隊」の問題にもつながると思います。

わたしは個人的には自衛隊も憲法違反だと思っています。自衛隊は立派に軍隊だと思います。

憲法解釈に無理があるのなら憲法改正を行うべきだと思います。

それが難しいからといって、諦めて憲法の解釈で何でもできるのなら憲法の必要性がありません。

そもそも、憲法改正が難しいのは国民が納得できる説明などがないからだと思います。

しっかりと説明して、みんなが納得できる内容の憲法改正を行うべきだと思います。

理想論というのは分かっていますが、政治家の方々の努力が感じられないので書かせていただきました。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る