4月18日は「発明の日」です。

発明の日

今日は「発明の日」です。

62年前の1954年に公益社団法人発明協会が制定しました。
131年前の1885年4月18日に現在の「特許法」の元となる「専売特許条例」が公布されたことに由来しています。

世界三大発明

世界三大発明は「火薬」「印刷」「羅針盤」といわれています。

ルネサンス期の三大発明とも呼ばれていますが、全て中国で発明されたものです。

火薬

唐の時代(618~907年)に書かれたた「真元妙道要路」には硝石・硫黄・炭を混ぜると燃焼や爆発を起こしやすいことが書かれています。
この頃には黒色火薬が発明されていたと思われています。

印刷

2世紀頃に中国で紙が発明されたと言われています。

印刷の起源ははっきりとは分かっていませんが、現在発見されているもので最古の年記の記載されている印刷物は中国の「金剛経」で、唐の咸通9年4月15日(868年)の年紀が記載されています。

日本では法隆寺に残っていた「百万塔陀羅尼 (770年)」が木版印刷の最古の例とされています。

羅針盤(方位磁針)

方位磁石の原型は3世紀頃から中国で使用されていました。

方位磁石相当の磁力を持った針を木片に埋め込んだ「指南魚」を水面に浮かべる事で現在のコンパスと同等の機能を実現していたそうです。

方位磁石が改良をされることで航海術が発達しました。
大航海時代も方位磁石が発明されていなかったら、幕開けが遅れていたと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする