5月18日は「国際博物館の日」です。

国際博物館の日

今日は「国際博物館の日」です。

39年前の1977年に国際博物館会議(ICOM)が制定して1978年から実施しています。

日本では公益財団法人日本博物館協会を主体として2002年から参加しています。

国際博物館会議(ICOM)

国際博物館会議(International Council of Museums)は、1946年に創設された博物館の国際組織で、フランス・パリに本部があります。

世界136ヶ所の国や地域から約3万5,000人の博物館専門家が参加しています。
地球規模で博物館と博物館専門家を代表する団体として、ユネスコと協力関係を保ち、国連では経済社会理事会の諮問資格を有しています。

国際博物館会議には、国別に組織された118の国内委員会と、博物館の様々な専門分野に即して組織された約30の国際委員会があります。
それぞれに年次会合などを開催し、博物館にかかわる情報の交換や知識の共有が図られています。
3年ごとに、すべての委員会が一堂に会する大会が開催されます。
このほか、専門委員会として、博物館の倫理に関する問題や、災害等の緊急時における対応を検討する委員会も設けられています。

2013年の大会はブラジル・リオデジャネイロで開催されました。
2016年はイタリア・ミラノ、2019年は京都で開催される予定です。

会長の任期は2期最大6年と定められている。

国際博物館の日

ここで言う博物館(ミュージアム)とは、博物館のほか美術館・科学館・動植物園・水族館等も含むものである。年ごとに世界共通のテーマが定められ、各国で様々な企画が行われています。

日本では、公益財団法人日本博物館協会を主体として2002年から参加しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする