5月9日は「アイスクリームの日」です。

アイスクリームの日

今日は「アイスクリームの日」です。

51年前の1965年に社団法人日本アイスクリーム協会が制定しました。

アイスクリームの日

1964年5月9日に社団法人日本アイスクリーム協会の前身の東京アイスクリーム協会がアイスクリームの一層の消費拡大を願い記念事業を行い、諸施設へアイスクリームをプレゼントしました。

その翌年の1965年から5月9日を「アイスクリームの日」として、各種のイベントを実施するようになりました。

アイスクリームフェスタ2016

全国の5会場で行われるアイスクリームフェスタ2016。

行くだけでアイスクリームが貰えるなど楽しいイベントが盛りだくさんです。

5月14日の大阪会場に時間があれば行ってみたいです!

アイスクリームの種類

日本ではアイスクリームは3種類に分類されています。

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス

アイスクリーム

アイスクリームは乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上のものを指します。

乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。

アイスミルク

アイスミルクは乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上のものを指します。

乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。
植物油脂が使われることもあります。

ラクトアイス

ラクトアイスは乳固形分3.0%以上のものを指します。

乳固形分はさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。

原材料

アイスミルクやラクトアイスに脂肪分を補う目的でヤシ硬化油やパーム油、綿実油などの油脂が使用されます。
また乳の味を補うためにミルクフレーバーも用いられることもあります。

アイスクリームは乳製品と糖分だけを使用した商品を指します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする