「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

11月18日は「いい家の日」です。

2016年11月18日

いい家の日

今日は「いい家の日」です。

株式会社アサツー ディ・ケイの「ADK不動産プロジェクト」が住宅市場のさらなる活性化を願い制定しました。

多くの人に「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えてもらうきっかけを作るとともに、住宅について関心を持ってもらうのが目的です。

日付は11と18で「いい(11)いえ(18)」と読む語呂合わせから。

マイホーム

わたしが念願のマイホームを購入したのは約7年前、30歳過ぎの頃です。

実際に購入するまでに約1年間、様々な物件を見てきました。

新築マンションに中古戸建を購入してリノベーション、さらには競売物件にも手を出しました。

しかし、どれも購入にまでは至らずにいました。

そんな時にポストに1枚のチラシが入っていました。

建築条件付き土地」で建物を合わせて2,500万円くらいの破格の価格のチラシでした。

さすがに1年も不動産を探していたら、この物件は釣り物件だと分かっていましたが場所が気になったので見に行くことにしました。

これが運命の出会いでした。

最後の土地

物件は5区画に分譲された最後の土地。

チラシのプランは平屋で1LDKの戸建てを建設した場合の価格でしたが、2階建ての3LDKにしても予算を少し上回る金額。

他の4区画はすでに建設も終わり、もうみんな生活をしている状況。

業者さんも売れ残っているから早く売り切りたい様子でした。

なので夫婦で話し合い、こちらから条件を提示してOKだったら購入することにしました。

その条件が「オール電化」「エコキュートの設置」と約400万円の値引きでした。

最後の土地だったせいか、意外にあっさりと条件を認めてくれてその土地を購入して自宅を建設することになりました。

そして現在も住んでいる大切なマイホームになっています。

住宅ローン

当時は結婚して数年経ち、子どももいなく夫婦共働きだったので一人一人の収入は多くなくても世帯収入としてはそこそこありました。

35年ローンを組んでローンを支払えば、家賃を支払うよりも安くなると計算した結果、マイホームの購入に至りました。

しかし数年後、嫁が激しく後悔し始めます。

その理由は金利です。

結婚してから嫁はお金の管理を本格的にし始めて、ローンや金利、手数料などが大っ嫌いになりました。

そこからはローンの完済に向けて全力で突き進んでいます。

繰り上げ返済を定期的に行って、このままのペースで問題なく支払うと35年で組んだ住宅ローンが10年で完済しそうです。

すでに完済するだけの預金はあるそうですが、住宅ローン控除を受けられる期間はローンを支払って控除がなくなる11年後に完済する予定です。

これで金利手数料が数百万円、節約になるそうです。

嫁の恐ろしいところは、かなり必死に住宅ローンを繰り上げ返済しているのに、それを見せないところです。

子供も生まれてお金が多少は掛かっています。

ある程度の節約はしていますが、レジャーも楽しんでいますし、外食もしています。

クルマも軽自動車ですが買い替えました。

なのに住宅ローンが返済できるほどのお金を貯めていたところです。

断捨離

嫁がこのように貯金ができていたのは断捨離のおかげだといいます。

断捨離をすることでお金にもメリハリができたといいます。

使うところには使いますが、抑えるところは抑える。

主婦にとっては当たり前のことかもしれませんが、本当にしっかりとメリハリを付けることで実現したと思います。

本当に頼もしい嫁がいて良かったと思います。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る