「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

4月8日は「忠犬ハチ公の日」です。

2016年4月8日

忠犬ハチ公の日

今日は「忠犬ハチ公の日」です。

忠犬ハチ公銅像及び秋田犬群像維持会が制定しました。
80年前の1936年から4月8日に慰霊祭が行われています。

忠犬ハチ公

ハチは1923年に秋田県大館市で生まれた秋田犬です。

1924年からは愛犬家で東大農学部の上野英三郎博士に飼われることになりました。
上野英三郎博士が外出する時には渋谷駅までハチが送り迎えすることもありました。

ハチを飼い始めた翌年の1925年5月に上野英三郎博士が急死してしまいます。

上野英三郎博士が亡くなった後も、毎日渋谷駅で上野英三郎博士を待ち続ける一途な姿に多くの人が感銘を受けて忠犬と呼ばれるようになりました。

1934年には忠犬ハチ公の銅像が建設され、除幕式にはハチ自身も出席しました。

そして1935年3月8日に約10歳でハチは亡くなりました。

小林菊三郎さん

上野英三郎博士の死後、ハチは数名の飼い主に飼われ最終的に上野宅出入りの植木職人、小林菊三郎さんに飼われることになります。

小林菊三郎さんに飼われるようになったのは上野英三郎博士が亡くなって約2年後のことでした。

この頃から上野英三郎博士が帰宅していた時間帯に渋谷駅でハチが頻繁に目撃されるようになります。
ハチは渋谷駅を訪れ、食事をするために小林菊三郎さんの自宅に戻り、また渋谷に戻るようなっていきます。

渋谷に行く途中には元上野邸を覗いていたそうです。

斎藤弘吉会長

渋谷駅で待つハチは通行人などから虐待を受けたり、子供にイタズラをされることもありました。

ハチのことを知っていた日本犬保存会初代会長・斎藤弘吉さんは1932年にハチのことを寄稿します。
これが東京朝日新聞に「いとしや老犬物語」というタイトルで掲載され、翌年には新聞報道もされハチは広く知られるようになり「ハチ公」とも呼ばれるようになりました。

葬儀

1935年3月8日午前6時過ぎ、ハチは渋谷川に架かる稲荷橋付近で亡くなっているのが発見されました。

3月12日には渋谷駅で告別式が行われ多くの人々が参列しました。

ハチのお墓は青山霊園の上野英三郎博士のお墓のすぐ隣に立てられています。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る