「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

4月25日は「ギロチンの日」です。

2016年4月25日

ギロチンの日

今日は「ギロチンの日」です。

224年前の1792年4月25日にフランスで初めてギロチンが使用されました。

ギロチン

ギロチンが使用されるまでのフランスでは平民階級には絞首刑、貴族階級には斬首刑が行われていました。

斬首刑の場合、死刑執行人が未熟な場合には何度も斧や刀で斬りつけられ受刑者に多くの苦痛を与えることがありました。

また裕福な者は技量の高い死刑執行人を雇うことで苦痛が少なく死刑が執行されていました。

1791年に立法院が改訂され、死刑が斬首刑のみになります。

しかし斬首は高い技術が必要と死刑執行人のシャルル=アンリ・サンソンが意見書を提出しました。

また立憲議会議員のジョゼフ・ギヨタンは受刑者に無駄な苦痛を与えず身分や貧富に関係せずに斬首刑ができる「単なる機械装置の作用」によって「人道的」な処刑を行うよう議会で提案しました。

これによりギロチンが開発されるようになり、1792年4月25日に初めて使用されます。

ギロチンは残酷なイメージがありますが、当時のフランスでは受刑者に平等に無駄な苦痛を与えずに刑を執行できる人道的な装置として利用されたのです。

フランスでは1939年6月17日までギロチンによる刑の執行が公開されていましたが、この処刑が盗撮され映画館で公開されるなどしたため以降の死刑執行は非公開になりました。

ギロチンが最後に使われたのは1977年9月10日です。

フランスでは1981年に死刑が廃止されています。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る