「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

3月3日は「桃の節句」です。

2016年3月3日

桃の節句

今日は「桃の節句」です。

節句

桃の節句は五節句の一つです。
節句は次の日にちで行われます。

  • 1月7日 人日(じんじつ)
  • 3月3日 上巳(じょうし)
  • 5月5日 端午(たんご)
  • 7月7日 七夕(しちせき)
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)

人日の節句は「七草の節句」とも呼ばれ七草粥を食べますね。

上巳の節句は一般的には「桃の節句」と呼ばれています。
ひな祭りも行われ、菱餅や白酒を食べたり飲んだりします。

端午の節句も「菖蒲の節句」と呼ばれ、菖蒲湯に浸かったりします。
関西ではちまき、関東では柏餅を食べます。 男の子の出世と健康を願い鯉のぼりも端午の節句まで飾られます。

七夕の節句は一般的には「七夕(たなばた)」。
今では少なくなりましたが「素麺(そうめん)」を食べます。

重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれています。
菊のお酒を飲みます。

雛祭りの由来

ひな祭りは平安時代からあったとされています。

但し、現在のような儀式的なものではなく「雛遊び」として貴族階級の女の子が天皇の御所をイメージした御殿や飾り付けをして遊んでいたそうです。
また、それとは別に「流し雛」と呼ばれる紙で作った人形を川に流して子供の災厄を払う行事がありました。

この2つの伝統が結びつき江戸時代ころから現在の「雛祭り」の原型ができました。

桃の節句と雛祭りが結びついたのは天正年間以降です。
武家の女性が嫁ぐ時、嫁入り道具の1つとして雛人形も含まれていたそうです。

その頃から徐々に雛人形は豪華に華やかになっていきました。
でもこの頃でも人形は男女一対の内裏雛(だいりびな)だけでした。

現在のような複数段の雛人形になったのは江戸時代後期だそうです。

その後、女性の行事だった雛祭りに赤ちゃんも加わります。

女の子が生まれると初節句に雛人形を用意して、災いを祓い美しく成長して幸せになれるように願いを込めてお祝いをする風習が広まっていきました。 祓いの儀式であったものが女の子の成長と幸せを願うお祭りとなっていきました。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る