「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

10月16日は「ボスの日」です。

2016年10月16日

ボスの日

今日は「ボスの日」です。

1958年に、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロスキ(Patricia Bays Haroski)が、会社を経営していた父のために、経営者と部下の関係を円滑にする日として提唱し、アメリカ商業会議所に登録されたことが始まりです。

アメリカではこの日に、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりして日頃の労をねぎらいます。

日本でも1988年からデパート業界が実施しているそうです。

感謝

上司や経営者に感謝を伝えていますか?

わたしが勤めている会社では少し変わった社風があります。

「ありがとう」をよく使用する社風です。

相談した後に相談に乗ってくれて「ありがとう」というのは分かりますが、何かを注意をされた後にも注意してくれて「ありがとうございます」と言う習慣があります。

わたしが転職した直後はすごく違和感を感じていました。

注意をされた後は「気を付けます」「申し訳ありませんでした」と言うのが普通だと思っていました。

いまだに少し抵抗を感じながら「ありがとう」という言葉を使用しています。

だって理不尽に怒られた後にも「ありがとうございます」って言うのは余計に腹が立ちませんか?

ほう・れん・そう

会社の「ほう・れん・そう」と言えば「報告」「連絡」「相談」ですよね。

一般的には部下が上司に「報告」「連絡」「相談」をすることを「ほう・れん・そう」と呼びますよね。

でも、実はこれは間違いです。

元々、「ほう・れん・そう」は上司が部下に「報告」「連絡」「相談」をしやすい環境を作ることをいいます。

だから上司が「『ほう・れん・そう』をしっかりしろ!」って言ってきても内心では、そんな環境をお前が作れ!って思っています。

直属の上司

わたしの直属の上司は東京にいます。

でも、わたしの職場は大阪。

ほとんど会話をすることもなく、メールだけでやり取りをしています。

2~3ヶ月に1回は上司が大阪の事務所に来て少しだけ会話をしますが、身のある話にはなりません。

正直、今の上司は色々と面倒なんです。

わたしの仕事はネットショップの運営とホームページの管理。

ネットショップの運営が順調になってきた頃に、「ネットショップはいいから、ホームページのリニューアルをしてくれ」と言い出して、ネットショップの売上が落ちることを説明しても「かまわん!」と言ってたくせに、本当に売上が落ちてきたら「なんでやねん!」って怒り出す始末です。

ホームページのリニューアルに伴い、ページの内容を別の担当者と2人で決めてから連絡すると言われていたのに、「何でページが出来てないねん!」と突然怒られたります。

「上司と○○さんが相談して決めるって話でしたよね。」と伝えると「だったら進んでないって連絡しろ!」って怒られます。

こっちがヒマでヒマで仕方ないのなら怒られても仕方ありませんが、こっちも他の仕事に追われ続けているのに・・・。

距離がな離れているのが問題なのか、コミニケーションの考え方が違うのが問題なのか・・・。

少なくても今期はこの上司と一緒に頑張っていくしかないので、頑張っていきたいと思います。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:今日は何の日
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る