「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

37歳、セカンドライフを考えます。

2016年8月31日

日記

セカンドライフ

セカンドライフとは定年退職後の「第二の人生」。

一般的に考えると60~65歳以降の生き方のことだと思います。

わたしの場合は40歳代でセカンドライフに突入したいと思っています。

そのセカンドライフは悠々自適な生活ではなく、自分の好きなことを仕事にして独立するセカンドライフです。

そのための準備を徐々に進めています。

セカンドライフに備える

セカンドライフを安心して迎えるために知識を蓄えています。

わたしの場合、一つのことを頑張っても頂点に立てるような人間にはなれないです。

なので複数のことを専門的に行える程度の知識を持ちたいと考えています。

例えば、英語を完璧に話せなくても、英語とドイツ語とフランス語の本の翻訳ができるようになりたいと考えています。

わたしの場合、Webデザイナーとしての知識、オンラインショップの知識と経験、プラスアルファを考えて勉強をしています。

キャリアを考える

わたしの場合は独立を考えての行動です。

しかし、複数の専門的な知識を持つことはキャリアに持っても大切なことです。

65歳で定年退職をした場合、勤めている会社が嘱託としてあなたを雇いたいと思えるような能力がありますか?

65歳まで勤めている会社で働くことが出来ないことも考える必要があります。

大手メーカーでもリストラがされている時代です。突然、何を言われてもおかしくありません。

そんな時にでも「即戦力」として働けるように準備することは必要なことです。

わたしも37歳、今の状態で転職をすると年収は下がります。

その理由は簡単です、能力が低いからです。

なので能力を高めるために頑張っています。

独立を目指すことは、結果としてキャリアアップを考えることにつながりました。

会社に必要な人間

会社に勤め続けるためには「会社に必要な人間」になる必要があります。

「会社に必要な人間」は会社に利益を与える人間です。

毎日、長時間労働をしている人間ではありません、休日出勤をしている人間でもありません。

結果として会社に利益を与える人間です。

毎日、定時に帰っても会社に利益を与える人間のほうが大切にされます。

同じ能力なら若い人が選ばれます。

年齢を重ねた分、給与が上がった分、会社に利益を与えなければ会社からは冷たい目で見られます。

今のうちか、セカンドライフを考えて、しっかりと将来設計を考えたいと思います。

8月のお小遣い支出

合計 15,885円

  • 6月の支出合計 13,343円
  • 7月の支出合計 6,136円
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:お金と仕事
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る