「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

37歳だからこそ老後の不安を考える。

2016年8月25日

日記

日経TRENDY

日経TRENDYの特集「損しない老後のお金」によると65歳以上は普通に生活するのに毎月25万円が必要とのことです。

今の時代で毎月25万円も必要なら、37歳のわたしが65歳になる28年後には一体いくら必要なのか恐ろしく思えます。

さらにもう少しで65歳を迎える親のことも本格的に考える時期に入ってきました。

この特集で一番大切なことは「年金だけでは生活できない」ことをしっかりと意識することだと思います。

今の時代でも平均の年金受給額は月23万円、生活に必要な25万円に2万円も足りません。

年金だけで生活できないのならどうします?

一般的には貯金を切り崩しながら生活をしていくことになります。

今の時代でも老後を迎えるまでに年間で少なくても約24万円の貯金を切り崩しても問題のない貯蓄を蓄えなければいけません。

わたしの老後までには一体いくらの貯蓄が必要になるのやら・・・

親とお金の話をする

我が家の場合、自分の親も嫁の親も色々と心配をしたくなります。

さすがに嫁の親とはお金の話をするのは、まだ難しいのでしばらくは嫁に任せます。

まずは自分の親とお金の話をしたいと思います。

母親はすでに数年前から仕事をやめて年金と資産運用だけで暮らしています。

毎月いくらで生活しているのか、収入は大丈夫なのか本格的に話をしたいと思います。

お金と同じく大事なのが健康の問題です。

とりあえずは健康だと思いますが、これからのことを含めて一緒に話し合いたいと思います。

これは年内に期限を区切り行いたいと思います。

資産運用を考える

わたしが65歳を迎える28年後の日本に年金だけで生活ができるバラ色の人生が待っているワケがありません。

65歳で年金が貰えるのかすら怪しい状態だと考えていたほうが無難だと思います。

そして65歳でも普通に仕事をしている社会になっていると思います。

働いていても収入は今の半分になっている可能性もあります。

だからそれまでに一定の金額のお金を資産運用しておきたいと考えています。

老後の生活のための資産運用ですのでリスクの少ない資産運用です。

37歳、まだ早いと思わず老後のことまで考えてお金の運用を家族で考えたいと思います。

そのために親のお金、健康も一緒に考えていきます。

8月のお小遣い支出

合計 15,541円

  • 6月の支出合計 13,343円
  • 7月の支出合計 6,136円
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:お金と仕事
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る