「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

売れるお店にするために

2016年1月29日

わたしは10年以上、カラーミーショップを愛用しています。
中小企業や個人でハンドメイド商品などを販売するには一番良いと思っているからです。

ネットショップについて

意外と思うかもしれませんが、ネットショップを出店したら売れると思っている方が意外に多いのです。
今はサラリーマンをしていますが、過去にフリーで働いていたときは、そんな方のお手伝いをさせて頂いていました。
はっきり言いますけど、売れません。

販売している商品が誰でも知っているもので他の店舗に負けない価格設定ができたり、ニッチな商材で特定の分野では有名な場合などは売れることもあります。

でも、多くの方が販売したいと思っている商材は地元では人気のものや個人のハンドメイドの商材が多いと思います。

例えば商店街のパン屋さんがお店のパンをネットショップで販売しました。
「地元で愛される人気のパンです」って感じで販売すると思います。
あなたが運良く、そのホームページに辿り着いて、そのパンをわざわざ購入すると思いますか?

ネットショップを開店しても、実店舗と同じようにお客様にお客様にファンになってもらう努力が必要になります。
近所に新しいパン屋さんができたから一度買ってみようと思いますが、ネットショップで新しいショップができたから買ってみようとは思わないです。

売れるお店にするためには

ネットショップで売れるお店は、良い商品を販売するだけでは難しいです。
先程のパン屋さんの場合、「地元で愛される人気のパンです」と書かれていても、どんなパンなのかは写真で判断するしかありません。

写真は美味しそうに見えるのか?
原材料はどんなものを使用しているのか?
どんなこだわりがあるのか?

それができてようやく準備が整ったと思います。

でも、まだ準備が整っただけです。
売れるようにするには、その写真をお客様が見やすいように配置したり、こだわりが一目で分かるようにしたり、ここで買ってみたいと思わせるサイトデザインが必要になります。

そのサイトデザインの面でカラーミーショップは他のショッピングカートに比べて優れていると思いますので、わたしはカラーミーショップをオススメしています。

でも、サイトデザインがキレイに出来ても。それでもまだ売れません。
売れるためには、オーナーや従業員の方が、常にその商材や使い方、ライフスタイル、考え方などを発信していかなければいけません。

パソコン、スマートフォンの普及により、情報量は非常に多くなりました。
その中で有益な情報をさがし、判断され、商品の購入を検討して頂けるようになります。

このお店から買ってみたいと思って頂けるような情報を発信し続けることで売れるお店になっていくと思います。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:カラーミーショップ
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る