チェルシー・フラワー・ショー2016で日本人が大活躍!

チェルシー・フラワー・ショー

チェルシー・フラワー・ショー

チェルシー・フラワー・ショー(RHS Chelsea Flower Show)は、エリザベス女王が総裁を務め、毎年5月に開催されている世界最古にして最も権威のあるガーデニング&フラワーショーです。

チケットの入手も困難なイベントで、毎年15万人以上の入場者で盛り上がます。

2016年は5月24日~5月28日まで開催されました。

最初の2日間は主催者であるイギリスの王立園芸協会(RHS)の会員のみが入場できます。

イギリス王室のメンバー数人がショーの下見に訪れたりもするガーデニング&フラワーショーです。

石原和幸さん

株式会社石原和幸デザイン研究所の石原和幸さんはチェルシー・フラワー・ショーにて5年連続の金賞と出展作品の中1位となるプレシデント賞のW受賞をするという快挙を成し遂げました。

石原和幸さんは2004年の初出品から2016年まで11回の出品を果たしました。

2006年以降、8個のゴールドメダルを受賞していました。

石原和幸さんのブログ「石原和幸 夢ブログ」で制作風景なども見ることができます。

綿半ソリューションズ株式会社

石原和幸さん以外にも日本人の参加者がショーガーデン部門において「シルバーメダル」を受賞しました。

綿半ソリューションズ株式会社、綿半総合研究所の柴山千穂里さんとTEA’s Design株式会社の矢野TEAさんが中心になり制作した「The Watahan EAST & WEST GARDEN」です。

今回、山千穂里さんと矢野TEAさんがエントリーしたのはショーガーデン部門です。

ショーガーデン部門はチェルシー・フラワー・ショーでも最も花形であり、世界屈指のガーデン・デザイナーたちが名前を連ねる部門です。

日本人はまだゴールドメダルを受賞したことはありません。

チェルシー・フラワー・ショーのショーガーデン部門で「ゴールドメダル」を受賞することは世界一のガーデナーになることです。

今回は惜しくも「シルバーメダル」でしたが、それでも十分な賞だと思います。

いつか日本人がチェルシー・フラワー・ショーのショーガーデン部門で「ゴールドメダル」を受賞する日が来るといいですね。

ガイアの夜明け

2016年6月14日に放送される「ガイアの夜明け」で綿半ソリューションズ株式会社が特集されるようです。

チェルシー・フラワー・ショーの様子が映されるようです。

長らく大手ゼネコンの下請けだった建設会社はコンテナを使った斬新な庭を開発し、ガーデニングの本場イギリスへ。その挑戦を追った。

楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする