「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

お小遣いをしっかり考えて余裕のある生活に!(手帳編)

2016年12月8日

日記

お小遣い

わたしは30台後半のサラリーマン。去年までは毎月2万円のお小遣いで毎月ギリギリの生活をしていました。

それが今では毎月余裕のある生活をしています。今年だけで20万円以上の貯金をしました。

それが可能になったのは支出と収入を見直したからです。

お小遣いが足りないと嘆いていても、何も変わりません。

わたしが実践していることを紹介させて頂きたいと思います。

手帳

10月から手帳にお小遣いの使い道を書いています。例え100円でも全て書き出しています。

書くのはお小遣いを使った「日にち」「使い道(商品名など)」「分類」「金額」です。

これを書くことで無駄遣いがなくなります。

お小遣いが足りないと嘆いているサラリーマンの皆さま、自分のお小遣いを何に使っているか分かっていますか?

お小遣いの使い道を見直すことで、ライフスタイルも見直せます。一度試してみてください。

分類

わたしが手帳に書いている内容で大切にしているのは「分類」です。

浪費」「消費」「投資」の3つの分類を書いています。

嫁の家計簿をマネして分類を決めました。分類を決めるとお金の流れがわかってきます。

浪費

「浪費」は生活に必要のないのに購入してしまったものなどです。わたしは嗜好品は全て「浪費」と分類しています。

家計ではなく、お小遣いなので浪費の比率は高くなってきます。しかし自分自身の「浪費」を目でしっかりと把握することはお小遣いのために非常に重要なことです。

例えば、自動販売機で缶コーヒーを購入した場合、わたしの場合は「浪費」にしています。1日1本、缶コーヒーを購入したら1ヶ月で3,000円以上の浪費になると思います。

自宅からタンブラーやマグボトルにコーヒーを入れて持ち歩くことで3,000円の浪費が抑えられます。

タバコも毎日購入していたら、月に約1万5,000円の「浪費」です。「そんなことは分かっている」と言いたくなるでしょうが、自分の手帳にタバコを購入したら「タバコ代」と書き込んでください。

そして目立つように蛍光ペンなどで色を付けてください。毎月末に浪費を確認するとイヤになってくると思います。

わたしも喫煙者でしたから、財布にお金があればタバコを買ってしまっていました。月に1万円以上のお金を使っていたことも頭では理解していました。でも実際に文字で見てみると怖くなってきます。

今では完全にタバコの事を忘れて生活もしています。振り返るとムダなお金を使っていたと思います。

消費

お小遣いの中で「消費」という項目は非常に少ないです。家計では食費や居住費など生活に欠かせない部分が消費です

わたしの場合、美容院や文房具の買い替えは「消費」にしています。

「消費」は使い過ぎていると思っているのなら削る必要があると思いますが、ここを削る前に浪費を減らすことを考えるべき分類です。

わたしの場合、消費は自分が納得している価格なら削る必要のない分類としています。

投資

わたしがお小遣いの中で最も大切にしているのは「投資」です。

投資は自分が成長するために使うお金です。

しかし「投資」は注意が必要です。

「勉強をしようと本を買う。」、ここまでは投資ですよね。しかし、この本を買ったことで満足して読まなかったらどうでしょうか?

その場合は「浪費」です。

わたしは月末に手帳を見直して、お小遣いの使い方をチェックします。

買った時に「投資」だったものが「浪費」に変わらないようにも、内容を確認することは大切です。

見直し

手帳にお小遣いの使い道だけを書いていても仕方ありません。大切なのは「見直し」です。

お小遣いの使い道で失敗したことや、ムダだと感じる部分を繰り返さないことが大切です。

わたしも毎月少なくても1回は失敗を感じることがあります。

ATM手数料

10月にATM手数料という大失敗をしました。預けているお金を下ろしただけで420円も失ってしまいました。

理由は腕時計を買いに行ったのですが、まさかのJCBカードが使えないことが発覚。しかし腕時計は買って帰りたい。本当に仕方なくコンビニATMでお金を引き下ろしました。

現金もある程度は持ち歩かないとダメだという反省です。

小銭

11月には「バナナ購入事件」が発生。

コインパーキングに車を止めていましたが、出庫時に財布の中に1万円札しか無いことが発覚。仕方なく近くのスーパーに入り特売のバナナ(105円)を購入することに。

それ以降、車に500円玉を置いておくようにしました。

1万円札は一度使用してしますと、お金に対しての警戒心がなくなります。だから崩したくありません。

反省から学ぶ

上記のような些細な事も手帳に書いておけば思い出せます。そして本当に後悔できます。

お小遣いが少ないと嘆くのなら、ムダな使い方をしていないか見直すことは本当に大切なことです。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:お金と仕事, 断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る