「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

お金と仕事「時給計算で仕事を考えない」

2016年10月5日

日記

大富豪が実践している金の哲学

日経マネー11月号」に若かりし頃の自分に読ませたいコラムが書かれていました。

それが「大富豪が実践している金の哲学 Vol.1 収入源」です。

時給で働く

このコラムで心に突き刺さったのことが時給についてです。

「収入が増えない」と考える人はお金に対して受け身に考えている人。

雇い主から、自分の仕事に対しての対価としてお金をもらっている人です。

収入を増やすためにはアルバイトなどの副業を考えてしまいます。

20歳頃のわたしがまさにこの考え方でした。

正社員で朝から働き、夜はアルバイトで働いていました。

会社は月給、アルバイトは時給、働いた時間に応じてお金を貰っていました。

自分の時間を販売して対価を得る生活です。

自分の時間を切り売りしなければ対価としてのお金は貰えません。

今でも収入の大半は社員で働いている月給ですが、考え方は少し変わりました。

時間に影響されない仕組みを作ることの大切さを知りました。

仕組みでお金を稼ぐ

お金を稼いでいる人は仕組みでお金を稼いでいます。

例えば、人を1時間に2,000円で雇います。

その人を他の会社に1時間3,000円で派遣します。

すると、何もしなくても1時間に1,000円儲かります。

これが儲かる仕組みです。

競馬などの公共ギャンブルや宝クジも儲かる仕組みです。

参加者からお金を集めて、そこから手数料を取り、配当に回します。

お金を集めるだけで手数料が入るので、時間に関係なく人を集めたら儲かります。

不動産賃貸なども儲かる仕組みだと思います。

仕組みをしっかりと考えれば自分の時間を切り売りしなくても収入を得ることができます。

ネットビジネス

わたしがしているのはネットビジネスです。

主にやっているのが「アフィリエイト」と「アドセンス」。

商品を紹介することで、少ないですが収入を得ることができます。

これも自分の時間を切り売りせずに稼ぐことができます。

1日、何もしなくても収入があります。

今は微々たる金額ですが、それでも何もしなくても収入が入るという仕組みはスゴイ仕組みです。

本当に少しだけですが儲かる仕組みを感じられたのは、わたしにとっては大きな成長でした。

お金の価値

儲かる仕組みが少し分かったつもりですが、去年まではまるで分かっていませんでした。

会社に勤めていれば、給与が貰える。

それで納得していました。

お小遣いが足りなければ我慢をするか、嫁にお願いするか。

お金の価値は、欲しいモノと交換できる紙切れでした。

それが儲かる仕組みが少し分かっただけで、お金の価値が変わりました。

お金はお金を増やすための大切なアイテム。

これが、今のわたしのお金の価値です。

自分の時間を切り売りせずに、儲かる仕組みをもっと理解して、時間に縛られずに自由に稼ぐ方法をこれから一生懸命考えていきたいと思います。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:お金と仕事, 断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る