「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

断捨離アンの嫁との暮らし「預貯金1,000万円」

2016年10月4日

日記

預貯金

我が家には預貯金が1,000万円あるそうです。

先日の家族会議で嫁から聞いた衝撃的な数字にずっと驚いていました。

わたしは一般的なサラリーマンくらいの年収しかありません。もしかしたら平均以下の年収かもしれません。

夫婦で正社員なので世帯年収は少しはありますが、それでも住宅ローンを支払いながら、30代後半で1,000万円の預貯金があるとは思っていませんでした。

我が家の生活

我が家の生活は質素です。

あまり贅沢はしない二人です。

嫁は断捨離アンなので、基本的にモノは少ないです。

息子を除いて夫婦2人とも最近では物欲もあまりないので、お金もあまり使いません。

嫁は朝型、わたしは夜型の生活ですが週末は息子の睡眠時間に合わせて21~22時には就寝するようにしています。

会社での昼ごはんは嫁が早起きして作ってくれた「手づくりお弁当(冷凍食品含む)」。

お小遣いはわたしは2万円で嫁は1万円、息子は1週間に100円。

夫婦二人ともネットビジネスで副業をしているので、必要なお小遣いは自分で稼いでいます。

薄れた物欲

欲しいものは沢山あります。

iPadも欲しいし、財布も買い替えたい、バッグにパソコン、カメラにクルマ。

何も考えなくて、お金が山のようにあるのなら色々と買いたいと思います。

しかし、嫁の断捨離アンの考え方が浸透してきたせいなのか、購入する前に「本当に必要か?」と考えるようになりました。

それを考えると本当に必要なものって案外少ないって気付きます。

新たにバッグを購入する予定ですが、その前に使わなくなるバッグを処分しました。

我が家では「何かを手に入れるのなら、何かを処分する。」というルールがあります。

初めは面倒なルールでしたが、今となってはモノが増えすぎないステキなルールになっています。

他人の目

ここ数年で、一番変わったのが他人の目です。

見る側はあまり変わっていないかもしれませんが、受け取るわたしが変わりました。

他人の目をあまり気にしなくなりました。

だからといって変な服装で出掛けたりしていませんよ。

流行に合わせて服を購入したり、周りが持っているからという理由で何かを買ったりすることが少なくなりました。

その代わり、自分が尊敬できると思った人の行動や持ち物はマネするようになりました。

最近ではシステム手帳を使用するようになりました。

自分がこの人はスゴイと感じる人の行動を少し真似ることで色々と学べることがあると気付きました。

家族会議

今年に入ってから嫁とお金の話を良くするようになりました。

お金をどう使っていくのか、老後はどうするのか。

そして先月は同じ机に家族三人で座り、本格的に家族会議として色々と話し合いました。

嫁の希望や、わたしの希望、長期的なスケジュールや目標などを話し合いました。

終わってみて感じたことは、家族会議って本当に大切です。

お互いの意見を目をしっかりと合わせて話し合うことって大事なことなんです。

こういった小さなことを積み重ねて、嫁が一生懸命、やりくりをしてくれて預貯金1,000万円になったみたいです。

今までは家計に無関心なダメな夫でしたが、これからは嫁と一緒に家族のためにお金のことをしっかりと学んでいきたいと思います。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る