「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

【工場見学】 キリンビール滋賀工場

2016年9月17日

日記

キリンビール滋賀工場

キリンビール滋賀工場の「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」に参加してきました。

受付を終わらすと、アルコールを飲める人、ハンドルキーパー、子供と分かりやすいパスを首からかけられます。

そして受付とは別の建物に移動して工場長からのビデオメッセージを見ます。

工場長からのメッセージのあとには嵐の5人からもメッセージもありました。

大野君だけカメラが間に合わなくて撮影できませんでした・・・。

ここからは工場見学らしく、商品の説明を受けていきます。

一番搾り

一番搾りは名前の通り、一番搾りの麦汁しか使用していないビールとのことです。

麦芽

ビール大麦を発芽させ、成長を止めるため乾燥させて根を取り除いたものです。キリンビールは、国産の麦芽のほかに北米やオーストラリア、ヨーロッパの優良産地から輸入した良質な麦芽だけを使用しています。

カラメル麦芽

通常の麦芽よりも高温の120~180度で乾燥させたものが「カラメル麦芽」です。主に黒ビールの原料として使用されます。黒ビールの独特の色と、こうばしい香味のもととなります。

ホップ

ホップはアサ科に属する、つる性の多年生植物です。ビールに独特の苦味と香りを付け加え、泡立ちを良くします。キリンビールでは、ホップの最大の特徴を最大限に生かした使用技術を駆使して、最高級のホップの香味をお客様にお届けしています。

副原料

米・コーングリッツ・コーンスターチを副原料と呼び、副原料に使用することにより、色が淡く、よりすっきりとした味わいに仕上がります。副原料を使用しないビールを「オールモルトビール」と呼びます。

一番麦汁と二番麦汁

一番麦汁と二番麦汁を飲み比べました。

写真では分かりにくいですが、左の少し色が濃いのが一番麦汁。右側の色が薄いのが二番麦汁です。

飲み比べると、甘さが全然違います。

二番麦汁を飲んだ後に一番麦汁を飲むと、砂糖でも入っているのか?と思うくらい甘く感じます。

ぜひ飲み比べて欲しいです。

パッケージング

最後にパッケージングの迫力ある映像を見せてもらえます。

平日だと実際に動いている工場を見ることができるそうですが、休日なので映像だけで我慢です。

試飲会

工場見学最大のお楽しみ試飲会。

キリンビール滋賀工場では3種類のび~るの試飲ができます。

まずは1杯目は「キリン一番搾り生ビール」。

色々な説明を受けたばかりだから、いつも以上に美味しく感じます。

続いて2杯目は「一番搾りスタウト」。

一番搾りの黒ビール。個人的には黒ビールが大好きなので最高に美味しいビールでした。

最後は「キリン一番搾り 滋賀づくり」。

そんなに味は違わないと思っていましたが、飲み比べると別物です。

とっても甘いビールに仕上がっています。他の地域のビールも飲みたくなります。

お土産

色々とお土産も販売しています。

気になったので「一番搾りビールゼリーチョコレート」を購入しました。

午後の紅茶ツアー

キリンビール滋賀工場では「午後の紅茶ツアー」も行っています。

こちらのツアーでもビールの試飲ができます。

次回はこちらに参加したいと思います。

9月のお小遣い支出

1,230円(お土産代)

9月の支出合計 6,988円

  • 6月の支出合計 13,343円
  • 7月の支出合計 6,136円
  • 8月の支出合計 15,885円
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る