「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

断捨離アンの嫁との暮らし「子供とお金」

2016年8月29日

日記

子供とお金

小さい頃は、どんな子供でした?

わたしはお金があれば使いたがる散財タイプの子供でした。

親からお金の大切さをしっかりと学べなかったことが原因のひとつだと思います。

ESSEの2016年09月号に「子供に教えたいお金の基本」という特集がありました。

子供に教えたいお金の基本

この特集によるとお金の知識は小学生から段階的に教えていくことが大切だと書かれています。

  • 増やす・貯める
  • 稼ぐ
  • 借りる

お金教育の3つの基本です。

  1. お駄賃制でお小遣いを開始する
  2. 予算内でやりくりする方法を教える
  3. お小遣いをお駄賃制から定額制にする
  4. 手元のお金と貯金の違いを教える
  5. 高額でも欲しいものは自分で買わせる
  6. ポイントカードをつくらせる
  7. 自分名義の銀行口座を作らせる
  8. 証券口座を開いて運用の仕方を教える

小学校に入学してから就職するまでに上記の項目を学ばせます。

断捨離アンの嫁

我が家ではお金の管理は嫁がしてくれています。嫁が管理してくれなかったら、我が家は崩壊しています。

そのくらい、わたしのお金の管理能力は低かったです。

嫁と結婚して、一緒に生活するようになって、初めてお金の勉強ができたと思います。

おかげで今では、割とまともな生活ができています。

自分のことを考えても、小さな頃からのお金の教育は本当に大切なことだと思います。

息子のためにも嫁と一緒に、小学生になったらお金のお勉強を始めたいと思います。

さらに嫁と一緒にモノに対する大切さも教えていきたいと思います。

子供の頃は色んな物に興味を持って、色々と欲しがります。

わたしの幼かった頃はビックリマンカードが流行りました。

きっと親もチョコチョコとお金を使ってくれたと思います。

今、考えるとムダなお金だったと思います。

当時は本当に大切なカードでしたが、流行りが終わるとゴミ同然になりました。

当時のわたしに「ビックリマンカードなんて要らない」と言っても聞くワケがありません。

だからメリハリを付けてお金を出すところ、控えるところ、モノの大切さを教えていけたらと思います。

8月のお小遣い支出

合計 15,885円

  • 6月の支出合計 13,343円
  • 7月の支出合計 6,136円
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る