「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

断捨離アンの嫁との暮らし「銭湯について」

2016年7月24日

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

露天風呂たこ湯

阪急曽根駅の少し南東側にある露天風呂たこ湯。

息子といつか行ってみたいなと話していました。そして長年の夢を叶えるために行ってきました。

お店の看板には大きなタコのイラストが描かれています。

早速、中に入っていきます。

店内は昔ながらのお風呂屋さんの雰囲気が漂っています。

浴場券はチケットで購入します。

浴場券

  • 大人:440円
  • 中学生:300円
  • 小学生:150円
  • 乳幼児:60円

浴場券を購入して、番頭のお母様に渡すと息子用におもちゃを貸してくれました。

息子が選んだのはアンパンマンの列車。ちなみお風呂で遊べそうなおもちゃはなく、プラレールなどが入っていました・・・

そして「男湯」ののれんをくぐって入ると、下駄箱があるにも関わらず、大量の靴が並べられています。

常連さんたちは下駄箱に靴を入れないようです、わたしは息子と一緒に靴を下駄箱にしまい更衣室に向かいます。

更衣室はロッカーがあります。カギも付いているので貴重品はここに入れても大丈夫だと思います。

お風呂

服を脱いで、息子と一緒に浴槽の扉を開くと色々と衝撃的な光景が広がっていました。

まずは他のお客様が持っているカゴ。そこにはシャンプーやボディソープなどが入っています。

そうなんです、「露天風呂たこ湯」は据え置きのシャンプーなどはありません。とりあえず用意していたシャンプーとコンディショナーはありましたが、石鹸がないので全身をシャンプーで洗うことになりました。

そして一番、驚いたのが「全身総刺青」の体格の良い男性がいたことです。そういえば、どこにも「刺青の方の入場お断り」みたいな看板はなかったです。

私たちが入って、しばらくすると出て行かれたので、あまりゆっくりと見ることは出来ませんでしたが、なかなかの男気の方でした。

身体を洗って、1階のお風呂に入ります。少し熱めのお湯に電気風呂やジェットバスなど数種類のお風呂が用意されています。

1階のお風呂を一通り楽しんだら2階の露天風呂に。

小さいながらも空の見える露天風呂は最高です。露天風呂だけでなく水素風呂もあり、涼みながらお風呂を楽しめました。

しっかりと堪能してお風呂を出ると、喉が渇きますよね。わたしは軽く生ビール(小)と息子はミルミルを飲んで、水分補給。(ビールは水分補給になりません・・・)

なかなか楽しいお風呂だったので、また時間を見つけて行きたいと思います。

反省点

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは忘れずに。

タオルも必須です。

スーパー銭湯のような気分で行くと痛い目にあいますね。地元の銭湯なので、昔ながらの銭湯を楽しみたい時にオススメです。

7月の支出

7月4日 110円(ミネラルウォーター)

7月10日 615円(北の物産展で袋ラーメンを購入) 7月10日 100円(自販機でジュース)

7月12日 200円(自販機でコーヒー)

7月14日 256円(コンビニでビール)

7月17日 200円(息子と嫁にジュースを奢る)

7月18日 389円(コロッケ屋さんでコロッケを購入)

7月22日 1,125円(イオンで衝動買いでビールを購入)

7月24日 830円(露天風呂たこ湯の入浴料とドリンク代)

7月の支出合計 3,825円

6月の支出合計 13,343円

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る