断捨離アンの嫁との暮らし「国産中粒納豆について」

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

納豆について

我が家では先日まで業務用スーパーの納豆を購入していました。

3個パックで45円と非常に安いので本当にお世話になっていました。

原材料

【納豆】丸大豆(アメリカ又はカナダ)(遺伝子組み換えでない)、納豆菌。

【たれ】ぶどう糖果糖液糖、食塩、鰹節エキス、醤油、発酵調味料、醸造酢、魚醤、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦、大豆、サバ、リンゴ、魚介類を含む)。

【からし】からし、食塩、醸造酢、発芽糖、着色料(ウコン)、酸味料、香辛料抽出物。

我が家では食材の見直しを行っています。

そこで最近、一番気にしているのが大豆です。健康面ももちろん考えてのことですが、少しでも国産の美味しいものを食べたいと思ったからです。

業務用スーパーの大豆はアメリカ産かカナダ産の丸大豆が使用されています。100円未満の納豆の多くは同じくアメリカ産かカナダ産の大豆が使用されています。

国産大豆を使用した出来るだけ価格を抑えた納豆を探していたら105円でありました。

国産中粒納豆

見つけたのはイオンのプライベートブランドの納豆。

パッケージに大々的に【国産】の文字が書かれています。

原材料

【納豆】大豆(国産)、納豆菌。

【たれ】糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、食塩、たん白加水分解物(大豆を含む)、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、醸造酢、かつお節エキス、煮干しエキス、昆布エキス、酵母エキス、酒精、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、くん液。

【からし】からし、醸造酢、食塩、植物油脂、酸味料、着色料(ウコン)、ビタミンC、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等:大豆を含む)、香辛料抽出物。

感想

今まで小粒納豆ばかり食べていたので、開けた瞬間の感想は大豆の粒が大きいと感じました。

肝心の味は・・・

全く違います!

今まで業務用スーパーの納豆を食べているような人間ですから、良い食材をそんなに食べていません。だから口が肥えているワケはありません。

そんなわたしでも違いが分かるほど全く違いました。

大豆の味を感じられます。とっても美味しいです。

これから納豆は、この納豆にします。

45円から105円と大幅な金額アップをしましたが、1週間に2パック購入するとして約100円、1ヶ月でも約400~500円。

それでこんなに幸せを感じられるのなら十分にお買い得です。

7月の支出

7月4日 110円(ミネラルウォーター)

7月10日 615円(北の物産展で袋ラーメンを購入)
7月10日 100円(自販機でジュース)

7月12日 200円(自販機でコーヒー)

7月14日 256円(コンビニでビール)

7月17日 200円(息子と嫁にジュースを奢る)

7月18日 389円(コロッケ屋さんでコロッケを購入)

7月の支出合計 1,870円

6月の支出合計 13,343円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする