「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

断捨離アンの嫁との暮らし「キッチンについて」

2016年6月28日

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

住宅の購入について

我が家は約7年前に一軒家を購入しました。

色々ありましたが、設備や住宅購入のメリット・デメリットを少しずつ紹介したいと思います。

主婦必見のキッチン編です。

キッチンについて

我が家のキッチンはヤマハリビングテック株式会社の「Berry」を使用しています。

少し価格は高いですが、全く後悔しない最高のキッチンです。

ヤマハリビングテック株式会社は2013年にトクラス株式会社に商号変更しています。

Berry

我が家ではキッチンを決めたのは嫁ではありません、意外だと思いますが夫の私です。

私が決めた理由はシンクにあります。それはステンレスのシンクに熱湯を流すと出る「ボコッ」って音です。

私は、あの音が大っ嫌いなんです。あの音が出ないシンク、ステンレスではないシンクが絶対に欲しかったのです。

そこで目に止まったのが「Berry」でした。「Berry」のシンク部分を含めて天板は全て人工大理石。

さらにシンク部分の色もカラフルで見ていて気持ちが良いです。ちなみに我が家ではライムグリーンを選びました。

我が家はリビングに入ってすぐにキッチンですので、ライムグリーンのシンクがいい感じに雰囲気を作ってくれています。

シンクに熱湯

シンクに熱湯を流すのは配管に悪影響を与えるそうです。

60度以上の熱湯を流すと配管が痛むので、パスタの茹で汁などは水を流しながら一緒に流すなど工夫が必要だということです。

知りませんでした・・・今後は気を付けます。

設備について

我が家のキッチンはIHコンロで食洗機を付けました。

オール電化の住宅なのでIHコンロは必須です。

食洗機については断捨離アンの嫁は不要だと言っています。私は必要だと思っていますが。

食洗機

我が家では手洗いをして泡々の食器を食洗機に入れて食洗機で洗うようになりました。

それ以前は、ただの水切り場でした。そのせいで断捨離アンの嫁には不要の産物として扱われていました。

食洗機はきちんと使えば便利なものだと思いますが、説明書通りに並べるのは面倒です。

でも手洗いである程度洗って、手洗いでは難しい高温のお湯で洗ってもらうには非常に便利だと思います。

ただ、嫁は不要だと思っているので、故障したりしたら嫁との話し合いになると思います。

食洗機は便利な設備ですが、金額に見合った働きをするかは使い方次第だと思います。絶対に必要な設備ではないと思いますので、家を購入する際に舞い上がって一緒に取り付けないで、しっかりと検討をするほうが良いかもしれません。

我が家では意見は分かれますが、私は個人的には欲しいです。

6月の支出

6月5日 3,888円(モラタメ・バカルディ48本分)

6月11日 782円(お菓子・お茶代)
6月11日 811円(北海道物産展・お菓子・袋ラーメン)

6月12日 720円(電車代)
6月12日 2,500円(ニフレル)
6月12日 550円(ニフレルでの食事代)
6月12日 800円(昼食代)
6月12日 1,021円(夕食のお弁当代)
6月12日 198円(アイス・ジュース代)

6月18日 1,021円(トミカ代)

6月25日 103円(ミンティア代) 6月25日 510円(御座候代)

合計12,904円

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る