「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

断捨離アンの嫁との暮らし「ローンについて」

2016年6月4日

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

ローンについて

我が家では住宅ローンを組んで家を購入しました。

家を購入するには住宅ローンは当たりまえだと思っていました。

しかし嫁が最近、住宅ローンで家を購入するんじゃなかったと言い出しました。

現金で一括で購入できるまで貯金をするべきだったと言い出したのです。

その理由は金利です。

住宅ローンを支払い始めた頃、2人で10万円近くの支払いをしていました。

しかし、その内の35,000円が利息だったのです。

支払いをした3分の1が金利という驚くべき事実。

金利が安くなったといってもローンの金利って本当に高いですね。

とは言っても、わたしは嫁と違ってローンを組んででも家を購入して良かったと思っています。

小さな一軒家ですが、子供がどんなに暴れても周囲に気を使う心配がかなり少ないですから。

銀行カードローン

このブログでアクセスの多い記事のひとつに「マイナス金利で増加?銀行カードローン破産」があります。

貸金業法が改正され消費者金融で借りれなくなった人が、銀行カードローンを利用して自己破産に陥るというニュースでした。

このニュースで問題なのが消費者金融でお金を借りれない人が銀行ではお金が借りられる点です。

改正貸金業法

過去にあった消費者金融による過剰な貸し付けや過酷な取り立てが社会問題になり2006年に貸金業法が改正されました。

これにより消費者金融などの金融業者は年収の3分の1を超える貸し付けは禁止されました。

しかし、銀行はこの年収の3分の1という総量規制の対象外となっています。

銀行などは消費者金融と違い安心・信頼できると思われて対象外になっていましたが、このせいで問題が起きています。

銀行カードローン

テレビやインターネット広告でも銀行カードローンの紹介をよく見るようになりました。

銀行は長く続く低金利、そしてマイナス金利の影響で法人などへの貸し出しや住宅ローンなどから利益を得ることが難しくなってきました。

そこで目をつけたのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは高い金利で貸し出すことができるからです。
そしてリスクを減らす対策も行っています。

それが保証会社です。

保証会社

銀行カードローンでは消費者金融などの貸金業者が保証を行うケースが一般的です

株式会社三井住友銀行の三井住友銀行カードローンは「プロミス」を運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社。
株式会社みずほ銀行のみずほ銀行カードローンはクレジットカード会社大手のオリコ(株式会社オリエントコーポレーション)が保証会社になっています。

銀行への返済が滞っても保証会社の消費者金融などが保証をしてくれます。

消費者金融は銀行が貸し出しをしてくれるので、総量規制の対象を外れて貸し出すことができます。

結果的には消費者には支払い能力を超えたローンになり自己破産をする人が増加しています。

破産件数は全国で6万数千件。

負債が300~400万円の方の場合、銀行からの借り入れが主な原因になっているそうです。

我が家の場合

我が家のサイフは完全に嫁が握っています。

わたしはお小遣いを頂くだけの存在です。

なんなら、自分の収入もよく分かっていません。
給与明細は嫁に開封せずに渡すことが多いので・・・

嫁は一緒にお金の勉強をしたいと考えていますが、嫁の管理がしっかししているせいで一緒に勉強する必要はないと思ってしまいます。

ダメな夫です。

おかげで、わたしは銀行カードローンを組むことはないと思います。

消費者金融からお金を借りた経験

20歳前後の頃に消費者金融からお金を借りた経験があります。

金額は1万円でした。

すごく気に入った服があったのですが、お金が足りなく友人に1万円を借りました。

でも、友人にお金を借りるのにすごく抵抗があったので駅前の消費者金融の無人契約機で1万円を借りて友人にすぐに返しました。

消費者金融から借りた1万円も翌日に返済しました。

1日借りただけで返済額は1万500円でした。

借りた時間は12時間もなかったと思いますが500円も金利を取られました・・・

これ以来、2度と借りるか!と思っています。

お金を借りるときは本当に必要なのかをしっかりと考えて借りてください。

特に嗜好品の場合は本当に必要か真剣に悩んでからにしてください。

数年後に後悔をしないように!

禁煙6日目

昨晩は苦しかった・・・

ここで負けてしまうと一生負け続けそうなのでひたすらガマンです。

タバコの事を忘れられるように他の事に集中してガマンです。

タバコは2度と吸いません!

6月の支出

合計0円

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る