「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

断捨離アンの嫁との暮らし「お金について」

2016年5月27日

日記

お金の管理

わたしはお金の管理が苦手です。

それをカバーして有り余る、嫁の管理能力により我が家は成り立っています。

お小遣い制

我が家はわたしも嫁もフルタイムで会社に勤めています。

給与はすべて嫁の手元に渡り、そこからお小遣いを頂いています。

お小遣いの金額は毎月20,000円です。

お金の管理が下手なわたしは月末までには見事に使い切ってしまいます。

しかし、嫁は同じお小遣いでも貯金をする余裕があります。

一体、使い方にどんな差があるのでしょうか?

お金の使い方

わたしはお小遣いがタバコ代、酒代、ジム代などで消えていきます。

嫁には「浪費」が多いと注意をされています。

「消費」「投資」「浪費」を意識する考え

嫁に言われて読んだ本、横山光昭さんの「NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意」。

この本によると、お金は「いくら使ったか」ではなく「何に使ったか」が大事と書かれています。

そのために支出を「消費」「投資」「浪費」の3つに分類していきます。
そして理想の割合は消費70%、浪費5%、投資25%になることです。

消費

消費は生きていくために必要な支出です。
家計で考えると最低限の食費や光熱費などです。

投資

自分や家族に役立つ意味のある支出です。
家計で考えると新聞や本代、教育や健康に関連する支出です。

浪費

完全なるムダ遣いです。

お小遣いの内容を考える

わたしのお小遣いが消えていく原因は「タバコ代」「酒代」「ジム代」に大きく分けることが出来ます。

この支出を「消費」「投資」「浪費」に分けると、タバコ代と酒代は「浪費」、ジム代は「投資」になります。

お小遣い制なので「生きていくための支出」である消費は基本的には必要ないです。

だから割合としては、投資を83%、浪費が17%になるような使い方をすれば理想的です。

現状では投資と浪費の割合が50%:50%くらいです。

無理をして、この割合にする必要はないと思いますが、気持ちとしてこの割合に近づける意識は持たないと始まりません。

6月からは、この辺りも色々と報告させて頂ければと思っています。

断捨離アンの嫁との暮らし

嫁との生活では色々なことに気付かされます。

断捨離アンはモノを持たない生活を目指しているだけでなく、生活の中の意識を変える生き方だと教えてくれます。

その1つが、今回のお金についてです。

自分のお金の使い方を具体的に教えてくれることで「何が問題なのか」「どうすれば改善されるのか」を考えさせられます。

元々、お金にルーズな性格だったので、本当にありがたい存在です。

でも、わたしの場合は現実には反映されていませんが・・・
とりあえず意識だけは持って行動するようにしています。

モノを購入する時に「浪費?」「投資?」「消費?」と考えるだけで少しお金の価値が変わってきますよ。

とりあえずはお小遣いを月末まで使い切る生活をやめて、毎月1,000円以上の貯金ができるように生活スタイルを変えていきます。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:断捨離アンの嫁との暮らし
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る