いつまで経っても変わらない気持ち

日記

クルマ好き

先日のブログでも少し書きましたが、わたしは車が大好きです。

父親も車が好きだったので、その影響が大きいと思いますが幼い頃から車が好きでトミカで遊んでいた記憶があります。

BEAT

1991年、わたしが中学生だった頃に衝撃的な車が販売されました。

それが本田技研工業株式会社のスポーツタイプの軽自動車「BEAT」です。

中学生だったわたしは、そのデザインに惚れ込みました。
当時はミッドシップの利点なども理解していませんでした。

でも、自分が初めて購入する車はBEATと決めるほど衝撃的な車でした。

高校生でBEATを購入

高校3年生の冬に待望の免許を取得します。

実はわたしは最終学歴が高校で卒業後はマツダの関連会社に内定が決まっていました。

正直、勤める会社の事を考えるとロードスターという選択も考えましたが、やはり思いは変わらずに冬休みの間に念願のBEATを購入します。

バブルが弾け、既に生産を終えていたBEAT。
購入したのは中古車で諸経費込みで約50万ほどでした。

母親に泣きついて保証人になってもらい、高校生でありながら車をローンで購入してしまいました。

本当はカーニバルイエローが欲しかったのですが、当時は人気のカーニバルイエローは他のカラーより10~20万円は高いのが相場でした。
購入したのはフェスティバルレッド。

そして購入した店舗はマツダの中古車センター。
卒業後はお世話になるので、罪滅ぼしの気持ちでマツダで購入しました・・・

冬休みが終わり、就職も決まっていた私にとって高校3年生の3学期は学校に行く機会も少なくなり、バイトのない日はBEATでドライブ。

卒業が近づく頃には学校に行くのもBEATに乗って学校近くの駐車場に止めて通学をする始末・・・

マツダに入社

高校を卒業をしてマツダの関連会社に入社。

入社した時点で自分の車を持っていることに先輩たちからは驚かれましたが、車好きの多い職場でしたから色々と可愛がって頂きました。

車のパーツも格安で分けて頂いたりして、本当に楽しいカーライフを過ごしていました。

BEATとの別れ

BEATを購入してから2年近くなり、そろそろ車検という時期にエンジンが故障。

友人と神戸から名古屋まで買い物に行く途中の名神高速でした。

先輩に積載車で迎えに来て頂き、帰りながらBEATと分かれることを決めました。

当時のわたしはもっとパワーのある車に乗りたいと思っており、軽自動車のBEATに多少の不満もあったからです。

そしてBEATを手放してスバルのインプレッサWRXを購入しました。

今でも大好きなBEAT

その時、手放したBEATには悪いことをしたと思います。

でも、きっとインプレッサWRXを購入していなければ、それはそれで後悔していたと思います。

今でも街中でたまにBEATを見かけると羨ましいと感じます。

車を運転する楽しさはBEATに乗って教えてもらったと自負しています。

BEATに乗っていたことは今でも自慢です。

S660

2015年、ホンダからS660が発売されました。

待ちに待ったBEATの後継車です。

きっと運転して楽しい車なんだと思います。

いつか購入できればと思います。

家庭もあるので、衝動買いができないのが残念です。

息子も順調に車好きに成長しているので、わたしのような想いを車に持って欲しいなと思ってトミカで一緒に遊んでいます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする