舛添要一知事は辞任すればいいのに。

日記

舛添要一知事

東京都の舛添要一知事は自身が代表を務めていた政治団体の収支報告書に家族との宿泊費や飲食費など私的な支出が計上されていたことを認めました。

家族と宿泊したホテル代と認めたものの事務所関係者などと会議も行ったため政治資金として計上したと説明しました。

舛添要一知事の言い分として


私自身が「政治活動だ」という認識を持った。十分反省をしていて今後こういうことが絶対にないようにしたい

今後って言葉がすごく気になりました。

5月13日以前のもので不適切な計上があっても訂正すれば問題なしとするのでしょうか?

そもそも、家族旅行で行ったホテルで事務所関係者と会議というのが気に入りません。

家族旅行に行くのは自由だと思います。

そこに事務所関係者を呼ぶというのは、その経費が掛かってきます。

だったら会議だけは都庁で行って欲しいです。

さらに舛添要一知事は私的な飲食代など5件を政治資金として計上していたことも認めました。

これに対しても舛添要一知事の言い分として


当時の経理担当者によれば、いずれの飲食店も私や事務所関係者が政治活動で利用している飲食店であったことから「私個人の飲食である」と思わず謝って計上してしまった。

だったら領収書を経理担当者に渡さなければ良かったと思いますが。

いや、そもそも領収書を発行してもらう必要すらなかったと思いますけど・・・

舛添要一知事にとっては小さな金額の話かもしれませんが、少しでも無駄を減らして欲しい都民の気持ちになると残念に思います。

日本の首都の知事がこの程度って思われると本当に恥ずかしいです。

都知事の年収は2,000万円以上。

重責だと思いますが、自ら望んで選んだ道なんですからしっかりと責任を果たして欲しいです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする