伝統を体験できる「寺社フェス」に行ってみたい!

日記

寺社フェス

東京の日本橋を中心に行われている寺社フェス「向源」。

「向源」は寺や神社が宗派を超えて開催する日本の伝統文化を体験できるイベントです。

価値観

20代後半で日本人なら着物ぐらいは自分で着れないとと思い着物を買ってみました。

当時は着物でよく出掛けていました。変わり者ですよね・・・

日本伝統の文化が衰退しているのはすごく感じます。
宗教観も衰退していると思います。

私自身もどこかのお寺の檀家になっているわけではありません。

宗教も無宗教です。
神道はもう少し勉強したいと思っています。

精進料理などは一度は体験してみたいです。

禅寺や宿坊にも一度は泊まってみたいです。
経験が一番大切。知識と経験がそろって意味があると思います。

伝統芸能

日本の伝統芸能っていうのは正直あまり見た記憶がありません。

知り合いに旦那様が能を舞っている知り合いがいますが、能楽もじっくりと見たことはありません。

伝統芸能なのか疑問ですが寄席くらいしか見たことが無いです。

でもせっかく日本人として生まれてきたからには日本芸能を楽しめるような知識は持ってみたいですね。

伝統工芸

寺社フェスで一番興味を持っているのは伝統芸能です。

日本の伝統工芸って本当に衰退していると思います。

基本的に将来性が見えないのが問題だと思います。

でも、補助金などで補助するのは違うとも思います。

方法は全く分かりませんが、伝統に縛られずに伝統を守っていく必要があるのだと思います。

伝統工芸を残すことは本当に大切なことだと思いますが、世間に必要が無いと思われて衰退してしまうのなら商売としては仕方ないことだと思います。

伝統工芸を守るためにも商売として上手く回るように考えていく必要があります。

何か機会があれば一緒になって考えてみたいとおもった一日でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする