[がっちりマンデー] アレを「小さくして」がっちり!(4)

アレを「小さくして」がっちり!

株式会社Warrantee

「小さくしてがっちり!」

やって来たのは東京都大手町。

「ワランティ」って呼ぶのかな?

入ってみましょう。

代表取締役の庄野裕介と申します。

「社長さん?若いですよね。」

31歳になります。

庄野さんは26歳で起業したやり手社長。

10月下旬にあるものを小さくしてがっちり儲かりそうな新サービスを発表したばかりです。

それは?

こちらです。

「カメラ?」

いや違います。カメラやテレビなどの家電にかける保険を小さくしました。1日単位で入れる保険をつくりました。

保険

ワランティが小さくしたのは保険。

保険というと自動車保険や火災保険など大掛かりに1年や3年など長い期間かけるイメージが強いですが、ワランティの保険は家電に1日単位でかける。

だから、

カメラをレジャーとか旅で持っていくときに使う。友達同士で物を貸し借りするときに壊したりという心配をなくす。

「ゲーム機とかにもかけられるんですか?」

かけれます。盛り上がって壊しちゃった場合に関しても保険がきくような形になっています。

手軽にかけられることがポイントなんです。

手軽な保険

ワランティの家電保険はとにかく簡単らしい・・・。

事業開発の篠原豊さん、

このスマートフォン1つですぐに入ることが出来る。その場で10秒で加入することができる。

「10秒で言いすぎじゃないですか?」

大丈夫です。

そんなに言うのなら、実際にやってもらうと・・・。

このデジタルカメラに保険をかけてみます。

まず加入する家電製品、保険のプランをそれぞれ選択。

そして、

この製品が壊れていないことを証明するため電源を入れた状態で5秒間動画を撮って頂きます。送信して終わり。

「これで終わり?」

はい。こおの瞬間から24時間単位の保険がスタートする。

「動作確認してないじゃないですか。」

電源が入っている状態をもって・・・。

「この時だけ電源が入っているかもしれない。本当は壊れているかもしれない。」

・・・ですね。

細かいことは気にしない!

ワランティの保険は超ざっくり型!

電源は入るけど機能が壊れているってケースはあまりないらしくて、だったら電源が入れば保険に入れるようにしちゃおうととにかくカンタンさを重視!

いや、でも悪い人がワザと壊して新品とかお金をゲットしようとするんじゃない?

この保険、故障した時の保証は新品やお金ではなく修理して返却するって仕組みです。わざわざ壊すって面倒くさいことをするメリットは小さい!

そんな人はまずいないって計算で成立しています。

価格

この保険、値段も格安!

液晶大型テレビ。24時間でたったの19円。扇風機も19円。

テレビや電子レンジ、掃除機などの生活家電も1日19円から。持ち運ぶことが多いデジタル家電は故障率が高いため少しお値段が上がって1日39円から。これなら保険を掛けてみようかって気になるかも。

この保険、まだ10月下旬にスタートしたばかりなんですが、今ある団体から問い合わせが殺到しているとか。

寿荘の綱島良次さん、

民泊をやっています。

旅行者を有料で個人宅に泊める民泊。今ここで外国人旅行者が家電の使い方が分からずに壊してしまうというトラブルが結構起きているといいます。

家電は安くない。この洗濯機25万円。2階にも買って2台で50万円。もし1台壊れたらどうしよう。そういうのも考えたら実はビクビクしながら。

普通、家電の保証っていうと通常使用による故障にしか対応していませんが、ワランティの保険は使い方を誤って壊した家電も対象にしてくれます。

まさに民泊業者の救世主ってワケ。

この家電に掛けるお手軽保険、売り上げは1年目でウン億円を見込んでいるとか・・・。

ワランティは保険を小さくしてがっちり!

儲かるといいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする