[WBS] 窓からイルカが見える!?国産初プライベート潜水艇登場!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

海のレジャーといえばダイビングやサーフィン、そしてヨットなどがありますが、新たな海のレジャーとしていまジワジワと注目が集まっているといわれているのが潜水艇です。

7月19日、日本初の国産プライベート潜水艇が発売されました。

太洋産業貿易株式会社

7月19日に発表されたこちらのプライベート潜水艇「JAPANG(ジパング)」。

業務用の潜水艇ではなく個人をターゲットにした潜水艇の開発・販売は国内初です。

太洋産業貿易の今田圭介社長は、

水がかぶっていく瞬間、海底に着座して全てのスイッチを切って静寂の中にいるのは、おそらくどなたも経験されたことがない。

この潜水艇は2人乗りで水深30メートルまで潜ることができます。

最大時速はおよそ8キロ。

自由に動かすことができ、4時間も潜っていられるといいます。

この操縦はゲーム機のコントロール。

量産もされている。激しい仕様に耐えるだけの耐久性がある。

個人でも簡単に管理・操縦ができるように日本の技術者が素材を集め、17年の歳月を費やして開発されました。

24金の金箔が貼られている。

金沢で伝統的な工芸の金箔職人に貼ってもらった。

内装は全面金箔の豪華仕様。

価格はなんと1億6,000万円です。

これは売れると思っている。

高級車は2億~3億。車に飽きた人はその2億円、何に使うのか?

おそらく今までないところ、こういうところに来てくれる。

事業内容

開発したのは海運会社の太洋産業貿易。

本業は船舶輸送のオペレーションや船員の育成です。

しかし海運ビジネスは為替相場や景気の影響をうけやすいため、新規事業も積極的に開拓しています。

ぬいぐるみの倉庫。

水族館や動物園向けにぬいぐるみを企画。

さらに電気自動車やバイクの開発にも参入しています。

そして新たなビジネスとして目をつけたのがプライベート潜水艇。

プライベート潜水艇

ヨットはまん延している。ヨットにヘリコプターを乗せるのは当たり前。

じゃあ次は「水の中」。

実はいま海外の富裕層の間ではプライベート潜水艇がジワジワと浸透してきているといいます。

実際、イギリスの高級自動車メーカー「アストンマーチン」もプライベート潜水艇の開発を発表。

太洋産業貿易が国内に先行してサウジアラビアで行った展示会では評判も上々。

中東の富裕層から4艇の注文が入りました。

全世界をターゲットにポテンシャルとしては200艇は売れるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする