「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[モーニングチャージ] モノ消費からコト消費へ!クーポンブックで特別体験!

2016年11月11日

モーニングチャージ

シンフォニー東京湾クルーズ

東京湾を巡るクルーズ船「東京湾クルーズ シンフォニー」。

デッキに登場したのは乗客の女の子。

出向の際に鳴らす銅鑼(どら)を持っています。

本来、この銅鑼を鳴らすのは船員の仕事。

なぜ、この女の子は体験することができたのでしょうか?

花崎譲副支配人によると

このクーポン券を持つお客様は銅鑼を鳴らす体験ができる。

あるクーポンブックの利用者だけが受けられる特別な体験だったのです。

子どもと一緒なら、ただ行くより体験した方がもっと楽しめるのではないか。

東京体験パスポート

2016年9月に発売された東京体験パスポート。

87の東京ならではの体験を特典クーポン付きで紹介しています。

例えば伝統の江戸すだれを使ったランチョンマットづくりは3,500円から500円引きに、青梅市の御岳山で行われる滝行体験では名産品のわさび漬けをプレゼント。

いずれのクーポンも半年の期限内に1回だけ使えます。

体験を終えたらスタンプをポン!

東京体験パスポート実行委員会

実はこの本、全国に広がっているあの大ヒットクーポン本の進化版なんです。

東京体験パスポート実行委員会の山本真志さんは、

「ランチパスポート」の体験版が「東京体験パスポート」という位置づけ。

ご存知ですよね、「ランチパスポート」。

ランチパスポートは掲載されているお店のランチがワンコインで食べられるクーポンブックで全国でご当地版が作られる大ブームになりました。

その生みの親である出版社が「東京体験パスポート」の制作に参加。

「ランチパスポート」で地域の名店を発掘したように、特別な東京体験を発掘しました。

さらなる充実を目指して仕掛け人たちの議論は続いています。

東京体験パスポート実行委員会の栗原清さんは、

東京の魅力を知ってもらうことで人が動き、市場が拡大して日本が元気になるのではないか。

春花園BONSAI美術館

体験ブームはこんなターゲットを狙っています。

数多くの盆栽が並ぶ春花園BONSAI美術館。

外国人観光客にも人気のスポットです。

その一角にもありました、「東京体験パスポート」の英語版。

外国人観光客も体験を求めているいま、英語版と中国語版も同時に発売しています。

ここでできる体験はもちろん盆栽作り。

入館料込み3,800円で職人の指導が受けられます。

英語にも対応。

より多くの人に盆栽の魅力を知ってもらいたいと今回、東京体験パスポートへの掲載を決めました。

春花園BONSAI美術館の神康文さんは、

2020年に東京オリンピックもあるので、それに向けて観光客も増えてきている。盆栽に興味を持ってもらい、その人が始めることで将来につないでいきたい。

体験に特化した異色のクーポンブック。

「ランチパスポート」のように多くの人の心をつかむことができるのでしょうか?

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る