[がっちりマンデー]どん底からちょっとだけ復活!(1)

どん底からちょっとだけ復活!

スカイマーク株式会社

ドン底からちょっとだけ復活!

最初の会社はスカイマーク。今から19年前の1998年に就航して運賃の安さを武器にJALやANAに続く航空会社3番手としてグイグイ伸びていたスカイマーク。

ところが格安航空会社LCCの新規参入で利用客が激減し、購入するはずだった大型旅客機6機分の支払いができない状況に・・・。

2015年1月、突如経営破綻のドン底に落ちたのです。

ワイドショーでも話題を集めたミニスカ制服もセクハラと批判され、まったく踏んだり蹴ったり・・・。

2015年の赤字は実に170億円!

それから2年半、スカイマークがちょっと復活しているという噂を聞きつけ羽田空港近くの本社に向かいました。

新生スカイマークの佐山展生会長(63歳)。投資会社インテグラルという会社を運営する企業再生請負人でもあるらしい。 

で、スカイマークがちょっと復活しているって本当ですか?

計画よりもかなりいい数字が出ています。

そう仰られる通り2016年は15億円の黒字、2017年は67億円と確かにちょっとだけ復活をしています。

たったの2年でどんな儲かり戦略がなされたのだろうか?

スカイマークの改革(2) コストを削減する

まず最初に行ったのが搭乗率の低かった神戸から米子、那覇から石垣島、宮古島などの路線からの撤退。

採算が取れそうな国内10都市への路線に絞り込みました。

使用する飛行機も同じく絞り込み。ボーイング737-800型1機種に統一することで整備費の削減はもちろん、パイロットや客室乗務員の育成にかかる経費などを減らすことができました。

おかげで羽田~福岡間の普通片道正規運賃はJALやANAが43,600円なのに対してスカイマークは30,190円と3割以上も安い。

でも、そんなスカイマークよりなぜJALやANAを選ぶ人が多いのか?

佐山会長は考えました・・・。そして閃きました!

スカイマークの改革(1) 出張族を狙え!

大手2社に乗る方にどうしてか聞くとマイレージと言われる。お金を払うのは会社、マイルは個人にくる。

スカイマークにはマイレージの制度がありません。だから出張するビジネスマンはマイルが貯まる大手の航空会社を選びます。

ってことに気付いた佐山会長は「だったら乗る人じゃなく会社を狙おう!」。

コスト意識のある会社は我々と法人契約をしている。何回でも変更できて取り消しも無料。

実際にお金を払っている法人の顧客を徹底的に開拓したのです。経営破綻する前より大幅に増えて約3,000社と法人契約を結んでいるんです。

スカイマークの改革(3) 時間通りに出発します!

スカイマークのイメージを聞くと遅れる、欠航が出る。何年前に乗りましたかと聞くと5年前と言われる。今はもうぜんぜん違う。定時運行率日本一じゃないといけない。トップクラスでは不十分。

定時運行率とは出発予定時刻の15分以内に出発した便数の割合で、昨年度11社ある国内航空会社の中で89.8%とスカイマークは3位を獲得。

何が一番変わったのかというと、東京空港支店の行武芙美さんは、

飛行機が遅れて到着すると、そのまま遅れて出発する。新しい羽田にある飛行機と取り替えるということもある。大きな遅延がなくなってきています。

以前はちょっとくらい遅れても「安いんだから仕方ないでしょ!」という感じだったのが、再生後はスカイマークは「遅れない!」というのが徐々に定着していて、遅れるのがとっても困るビジネスマンの利用が増えているといいます。

スカイマークの改革(4) サービスちゃんとします!

2012年、物議をかもしたのが機内に置かれた1枚の紙。「客室乗務員は収納の援助をいたしません。」「機内での苦情は一切受け付けません。」などと書かれていました。

これは運賃の安さと安全を両立させるための苦肉の策で機内の無料ドリンクサービスなどもとっくの昔になくなっていました。

当時を知る客室乗務員、白浜広子さんは、

お手伝いしたい気持ちもあったんですけど、会社の方針がありましたので迷うことは多かったです。

でしょうね・・・。

そんなスカイマークのサービスが今どうなっているのか?

実際に登場してみると、お客様の荷物の収納もちゃんと手伝っています。

手荷物のお手伝いをすることでお客様も早く着席できる。

定時運行の一翼を担っているってことですね。

そしてフライト中には、

無料のコーヒーでございます。

何より笑顔で接客しているのがいいじゃないですか!

雰囲気がいいからお客様のリピーターも増えます。全路線の搭乗率が破綻する前と比べると17%もアップしたというからスゴい!

確かにスカイマークはドン底からちょっと復活して、

がっちり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする