[WBS] [白熱!ランキング]美しく鍛える!EMSトレーニング機器!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

フィットネスクラブに行きたくても時間がなくてなかなか行くことができないという人も多いのではないでしょうか?

そんな人でもスキマ時間に「ながらトレーニング」ができる製品の人気ランキングです。

EMSトレーニング機器

都内にある蔦屋家電。健康器具やトレーニンググッズ売り場の一画にあるのがEMSトレーニング機器のコーナーです。

EMS(Electrical Muscle Stimulation)は電気刺激を与えて筋肉を動かす仕組み。

男性の筋トレ需要だけでなくお腹周りや二の腕を気にする女性にもいま人気が高まっています。

女性のお客様は、

おなか、太ももの内側にやりたい。

参入企業も増えて盛り上がりを見せるEMSトレーニング機器の市場。注目のランキングは?

7~10位

順位
10位 プライムダイレクト
10,590円
バタフライアブス
9位 エレコム
11,850円
「エクリア リーン」フルセット(ブルー)
8位 ショップジャパン
32,184円
スレンダートーン コネクト
7位 エレコム
11,850円
「エクリア リーン」フルセット(ピンク)

CMや通販番組などで目にする海外製品がランクインする中、9位と7位は日本の新規参入メーカーの製品です。

EMS ECLEAR lean(エクリア リーン)

エレコムが女性を意識して投入した「エクリア リーン」。

他にはないある独自の機能があります。

エレコムの岩井眞琴さんは、

女性は男性と比較して皮下脂肪が多い。皮下脂肪の厚みに合わせた周波数を選ぶことで効果的に筋肉を引き締めることができる。

「エクリア リーン」は電気刺激を2,000ヘルツから5,000ヘルツまで周波数の調節が可能。周波数の違いによって電気刺激が体のどこまで届くかが変わります。

皮下脂肪の多いお腹の場合、2,000ヘルツでは体の奥の筋肉まで電気は届きません。しかし高周波の5,000ヘルツに切り替えれば皮下脂肪の奥にある筋肉まで鍛えられるのです。

すごく細い人でも買っていく。今ある体を美しく見せたいという美容関心からの購入が多い。

4~6位

順位
6位 ドクターエア
11,800円
EMSエクサパッド
5位 マクセル
18,140円
「もてケア」ウエスト&ヒップ
3位 マクセル
14,910円
「もてケア」4極タイプ

もてケア

4位と5位に2つの商品が入ったのがマクセルです。

4位の4極タイプは貼り付けて腹筋などを鍛えるもの。

しかし5位の「ウエスト&ヒップ」は使い方が想像できない形をしています。

なんと腰やお尻に巻きつけるように使うタイプです。

一体、どんな使い心地なのか?

北村まあさキャスターに腰からお尻に巻きつけて体験してもらいました。

お尻がブルブルする。くびれの部分とお尻のサイドの部分がピリピリきます。

銭湯にある電気風呂に入った感じに近い。

辛さなどはないので、これで本当にくびれができるのか、どうなんでしょうか?

1~3位

順位
3位 MTG
21,384円
「シックスパッド」ボディフィット2
2位 MTG
27,864円
「シックスパッド」アブズフィット2
1位 MTG
42,984円
「シックスパッド」アブズベルト

SIXPAD(シックスパッド)

そしてトップ3のランキング。全て同じメーカーの商品でした。

それがMTGの「シックスパッド」シリーズ。

サッカー、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手が開発に協力し、2年前から販売。

EMSトレーニング機器市場の盛り上がりの牽引役となっています。

人気の理由は徹底した本物志向です。

中京大学で検査装置に乗ってシックスパッドを試しているのはMTGの社員。

MTGは中京大学や京都大学の研究室と共同開発をしています。

中京大学の渡邊航平准教授は、

家庭用機器に関しては科学的なエビデンス(根拠)があまりなかった。

MTGは実証研究をしていない製品は販売しないことを徹底。

本当に効果が検証されているEMSとして消費者にアピールしています。

MTGの長友孝二取締役は、

シックスパッドというブランドを通してEMSの正しい理論を広く伝えていく。日本初の世界ナンバーワンEMSブランドを目指している。

手軽に筋力をトレーニングする機器はどこまで進化するのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする