「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[WBS] 「チーズ」も「ステーキ」も続々と値下げのワケ!

2016年10月8日

ワールドビジネスサテライト(WBS)

株式会社成城石井

高級スーパーの株式会社成城石井が都内で開いた発表会。

この秋の主要な施策としてチーズフェスティバルを開催します。

全国143店舗で世界から集めた最大300種類のチーズを売り出します。

その目玉は「円高還元」、約50種類のチーズの価格をこれまでと比べ10~30%ほど値下げしました。

原昭彦社長は

以前は959円だったものが、今回は699円になっている。ユーロが去年に比べて下がっているのでお客様が買いやすい価格にした。

一方、3,000円ほどの高級チーズは昨年と比べて500円ほど値下げしています。

買いやすい値ごろ感のある商品から、普段手を出しづらい高級チーズまでそろえた。

それぞれのチーズに合うワインもセレクト。お客様のついで買いを促します。

また直営する4店舗のワインバーで提供する新作メニューも発表。全てチーズを使ったメニューで家庭の食卓に取り入れてもらおうと考案しました。

ボジュレ・ヌーボーやクリスマスのパーティーシーズンを迎えるので、円高をうまく活用して、家のテーブルでもチーズを食べてもらう機会をつくりたい。

輸入小麦

円高還元の流れは他の食品にも。

農林水産省は10月から輸入小麦の価格を7.9%値下げすることを発表しました。

円高や小麦の国際相場が安定していることが理由で、この小麦を買う国内メーカーが小麦粉などを値下げする可能性もあります。

株式会社ペッパーフードサービス

円高還元の動きは外食チェーンにも。

昼時に行列を作っているのは株式会社ペッパーフードサービスが運営する「いきなり!ステーキ」です。

立ち食いが特徴のステーキ専門店で、肉はお客様の注文に応じてその場で切り分け量り売りします。

川野秀樹取締役は

リブローズ、サーロイン、ヒレ。それぞれ1グラムあたり0.5円値下げした。

「いきなり!ステーキ」ではアメリカ産やオーストラリア産の主力3商品を10月から1グラムあたり0.5円値下げしました。

300~400グラムの注文が多いため、一人あたり150~200円ほど安く食べられます。

安くなったら食べる頻度が増える。

今までよりいっぱい食べようかな。

「いきなり!ステーキ」は2013年に1号店を東京・銀座にオープン。現在は全国101店舗まで拡大しています。

ただリブロースは開店当初の価格が1グラム5円でしたが、牛肉の仕入れ価格の高騰などで値上げを続けてきました。

その後、メニューに加わったサーロインとヒレも同様に価格を上げてきましたが、今回初めて値下げに踏み切りました。

経済的には円高で消費が冷え込み始めたかなと言う中で、我々が値下げできることでお客様が「行きたい」というマインドになる。何度も来てもらう、週1回の方が週2回来てくれれば。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る