[WBS] 【THE行列】雲海テラス

ワールドビジネスサテライト(WBS)

あるものを求めて山の目指す人々がいます。

一体、何があるのでしょうか?

SORA terrace

美しい山並みが続く長野県。

竜王山という山の麓。長い行列が出来ていました。皆さん、あるものを見に行くといいます。

確率が高く見られるということなので楽しみに来た。

見られればいいかなと思って、運試し。

大型のロープウェイに乗り込んでいざ出発。一体何が見られるのか?

着いたのは標高1,770メートルの山頂付近。霧が立ち込め何も見えませんが、しばらく待つと・・・。

やばい!

めっちゃキレイ!

目の前に広がったのは雲の海「雲海」です。

ここは約7割という高い確率で雲海が見られる国内有数のスポット。

雲海は朝早いとか季節限定でしか見られないところが多い。ここは朝早くなくても見られたりするので気になっていた。

「ソラテラス」と名付けられた展望台。雲海をゆったりと眺められるように2年前にオープンしました。

実はこの場所、冬場はスキー場です。しかしスキー人口は年々減少する一方。シーズンオフでもお客様を呼び込もうと作られたのがこの「ソラテラス」です。

北志賀竜王の萩野正史社長は、

僕達の売りは景色しかないので、最大限フル活用できる方法を考えてテラス事業を始めた。

イベントも盛り沢山、雲海を見ながらのヨガ体験や星空鑑賞会までどれも大人気です。

SORA terrace cafe

山の中にはもう1ヶ所、お客様が吸い寄せられる場所があります。

広々としたスペースは8月に出来たばかりのカフェ「ソラテラスカフェ」。

ここも行列ができる人気ぶりです。

萩野社長、

もともとは「スキー場の食堂」という感じ。

いわゆるスキー場のレストランだったスペースを約1年かけて大改装しました。

一番の売りは窓から眺める絶景。お茶をしながら雲海を心ゆくまで味わうことができます。

夕方になると一転、ムードたっぷりの空間になります。

食事のメニューもオシャレでおいしいと評判です。

昔、ここにスキーをしに来たお客様は、

メニューは全然違いますよ。昔はカレーとかラーメンがメイン。

一番人気はオーブンで仕上げる一品。雲海をイメージしたパイに地元の根曲がり竹というタケノコを入れたスープ「雲海パイ包みスープ(850円)」です。

カフェをオープンさせてからは若い女性やカップルが増えたといいます。

落ち着く。もうちょっとくつろいでみようかなって。

スキーシーズン以外にソラテラスにやってくる人はオープンして2年間で6倍に増えました。

ずっと同じものだと飽きがきてしまったりすると思う。年々新しいことにチャレンジしてお客様に喜んでもらう環境をつくる。

今日も雲の上に癒やしを求める人々が地上から列をなしてやって来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする