[がっちりマンデー] 「リフォームウォーズ2018」!リフォーム戦国時代の到来!?(3)

「リフォームウォーズ2018」!リフォーム戦国時代の到来!?

株式会社リビタ

東京・恵比寿にあるリビタ(ReBITA)って会社へ。

なんだか、これまたオシャレな空間。

なんでも2018年3月に自社のオフィスもリフォームしちゃったんだとか。

「さぞかし儲かってる?」

中瀬真実さん、

んふふふふ、そうですね。

がっちりです。

リビタは年商194億円のリフォーム・リノベーションを手掛ける会社。

実は最近、新しくがっちりなビジネスを始めたといいます。

古い建物をあるものにコンバージョンしてがっちりです!

コンバージョン

古い建物をコンバージョン?

「英語ですか?」

英語ですね。

オフィスから、商業施設から、違う用途に変更する。

古い建物を違う用途に変換?

「どんな古いビルだったんですか?」

元仏壇センター。

ということでスタッフは仏壇センターがあったという金沢に。

地元の人に聞いてみると・・・

「このあたりに仏壇センターがあったって?」

ドーナツとかシェイクとかのお店に変わったんですよ。

仏壇センターがかなり今っぽい建物に変身しているらしい。

ということで問題の建物へ。

外観はモダンな雰囲気。

1階にはお洒落なカフェ、レストランがあり、なぜか外国人の姿もちらほら。

一体ここは何なんですか?

HATCHi金沢

金沢の古い建物をなんんだかオシャレな感じにコンバージョン。

でも、ここって一体何なんですか?

「仏壇屋さんって聞いたんですけど?」

北島優さん、

上が宿泊施設、ホテルになってます!

ホテルです!

仏壇センターとして昭和41年に建てられた雑居ビルが地上4階、地下1階のかなり今どきのホテルに大変身。

お部屋の方はどんな感じなのか?

客室フロアに上がって覗いてみると・・・

「こういうお部屋になってるんだ。」

部屋にはいくつものベッドがあってトイレやシャワーは共同で使う「シェアホテル」という形式。

「カプセルホテルみたい!キレイ!」

家族連れや恋人と泊まれるお部屋もありお値段は1泊3,500円くらいから。

リーズナブルで快適ってことで外国の観光客や家族連れにも今大人気!

2泊したわ。

すごく良い!

とってもとっても素敵!

ホテル事業

実はリビタさん、元々あった古い雑居ビルを買い取ったり借りたりしてホテルにコンバージョン。

そのホテルを運営というビジネスをしています。

オーナーがコレは使えないだろうとそのままになっているビルがあるので、そこでコンバージョンして新しくやり直せると提案してお互いWin-Winで。

北海道や京都、金沢など観光に人気の4ヶ所で5つのホテルを営業。

でも古い雑居ビルをホテルに変えるってお金がかかりません?って思いきや・・・

そこには様々な工夫が!

なるべく既存建物の良さを活かしながらコストを抑えることを考えていて。

元々地下は飲食店街だった。

カウンターだけの小さい店が並んでいた。

こういったものもデザイン的に残しながら。

元々の建物の構造はなるべく活かすデザインに。

天井の配管もあえて丸見え!

床のタイルもそんままでコストを節約。

しかもシェアホテルなら各部屋に水回りもいらないので間仕切りやベッドを入れれば大丈夫。これまたグッとコストが抑えられる。

宿泊客用のシェアキッチンは地元の人にイベント会場として貸し出す。

収入と集客のW効果も!

かつては古い雑居ビルだった場所を地元の人も集まる人気スポットにコンバージョン!

リビタの運営するホテルの売上げ伸び率はなんと400%!

今後も全国の古いビルを変換していく予定。

古い建物をホテルに変えてがっちり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする