[WBS] 「宅配の危機」・・・今なお続く!?「物流版ウーバー」は救世主か?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

宅配便の急増で人手不足にあえぐ物流業界に関するニュースです。

宅配便最大手のヤマトホールディングスは7月31日、2017年4-6月期の決算を発表しました。

これまでも未払い残業代の支払いがありましたが追加で52億円を計上して4-6月期は100億円の営業赤字となりました。

構造改革の遅れなどで大きな転機を迎えている国内の物流業業界ですが、これに一石を投じる新たなサービスが注目を集めています。

スポンサーリンク

ヤマトホールディングス株式会社

ネット通販の拡大などを背景にヤマトホールディングスの2017年4-6月期の売上高は3,554億円と前年比4%アップしましたが、本業の儲けを示す営業利益は100億円の赤字となりました。

深夜手当など未払賃金として従業員に支払った一時金52億円を計上。この他に配達を外部委託した費用が嵩み赤字に転落しました。

通期の営業利益の見通しも4月の予想から50億円引き下げ、250億円の黒字としています。

芝崎健一専務執行役員は、

構造改革に取り組んでいる現状ではまだ道半ば。人的コストの増加が利益を圧迫する、これまでの流れが継続し業績は厳しい結果となった。

ヤマト運輸は大口の顧客、約1,000社に対し順次運賃の値上げを交渉しているほか、10月から個人向けの運賃の値上げも決めています。

しかし今年度の荷物の取扱量を16年度に比べて8,000万個減らすという目標については達成が難しく削減量は4,000万個弱にとどまる見通しです。

ある程度、値上げを提示した顧客は他社を使うだろうと想定していたが、値上げは飲むので荷物を出したいという顧客が想定より多かった。

PickGo

このままでは国内の物流業界が立ち行かなくなる不安もあります。

そんな状況に一石を投じるサービスが始まっています。

宅配ドライバーの浦和友明さん(41歳)、個人事業主で下請け会社から配送を請け負っています。

下請けになるといくらか抜かれてという形になる。1個10円とか抜かれてもでかい。100個配ったら1,000円じゃないですか。

現状の物流業界では配送の依頼が入ると大手物流会社から複数の運送会社を経由して空いているドライバーに仕事を割り当てられます。

各運送会社は下請け会社に仕事を紹介する時、中間マージンを取っていて下に行くほど受け取る額も小さくなります。

個人事業主は多くの数をこなさなければ生活していけないといいます。

どうしても稼がなきゃいけないから無理をする。

そんな浦和さんが最近利用し始めたサービスが物流版ウーバーと呼ばれる「PickGo(ピックゴー)」です。

浦和さんのスマートフォンに「新規依頼の登録があります」の文字が・・・。

そこを見ると時給2,160pt、集荷時刻8月1日(火)08:00丁度などと情報が出てきます。

このサービス、荷主と個人事業主を直接つなぐマッチングサービス。

ピッグゴーは自分の空いている時間で仕事を選べて仕事ができる。

自分の好きな時間で好きな仕事を選べる、それが物流版ウーバーと呼ばれる理由。

浦和さんは条件を見てさっそくエントリーしました。

エントリーOKです。当選するかはお客様(荷主)次第。

CBcloud株式会社

ピッグゴーのシステムを開発したのはベンチャー企業のCBクラウド。

松本隆一CEOは、

われわれが荷主と契約して二重三重受けを防いでいる。

配達を依頼した荷主側にはエントリーしてきたドライバーの顔写真やPRポイントを閲覧できます。この中から荷主側はドライバーの経験や評価を含めて決めていきます。

当選通知を受け取った浦和さん。

ピックゴーの手数料は一律10%なので実労働に見合った収入が得られるといいます。

自分の空いている時間に合わせて仕事を獲得できるので売上が伸びた、2倍ほど。

さらにこのピッグゴーのサービス、荷物のバーコードを読みとるとドライバーが効率よく回れるように配達の道順を地図で表示してくれます。

2016年8月から始めたピッグゴー、現在登録ドライバーは約1,500人います。松本CEOは荷主側にも依頼して現在約100社と契約。ドライバーの地位向上を目指します。

ドライバーの仕事を魅力的に変えていくのが私たちのミッション。ドライバーの収入アップにつながる道筋をつくってあげたい。

スポンサーリンク