[がっちりマンデー] 儲かるスキマビジネス!(2)

儲かるスキマビジネス

株式会社G-style

東京都渋谷区にある株式会社G-style。

一番隅っこにいるんですね社長。

そうですね。

スキマよりも端っこが好きそうな工藤修社長(38歳)。

早速、儲かるスキマに案内してもらうことに。

向かったのは虎ノ門駅から5分のところです。

すると

見えてきました。こちらです、このビルです。儲かるスキマがあります。

工藤修社長が指差したのは雑居ビル。

ビルの中に入ります。

そして階段を登って、ビルの屋上へ。

一体、どんなスキマがあるのか?

うちのスキマはここです。ビルの屋上です。

何にもありませんけど・・・。

ここでバーベキューをやります。

工藤修社長が見つけたスキマとは雑居ビルの屋上をバーベキュー会場にするというビジネスです。

バーベキュー

都会のビルの屋上でバーベキューする人なんか・・・。

いました。

なんで雑居ビルの屋上で?

全部セットのレンタルでお肉込みのプランがある。駅近くなので今回初めて利用した。

屋上バーベキューは食材や器材は全部準備してくれます。

そして何よりいいのが、会場となるビルのほとんどが駅から徒歩10分圏内。

電車で来られるからお酒も飲めます。

料金はどのくらい?

食材と器材込みで1人2時間で約4,500円。

駅から近くて、手ぶらでOKということで大学生や会社員を中心に大人気です。

とはいえ、街中のビルの上でバーベキューって・・・。

山もない、川もない、どうなるかと思いきや、これが意外といい。

東京スカイツリーを眺めながら楽しめるビルの屋上や、都心のネオン輝く夜景が一望できる場所とか、ビルの屋上は景色のいいスキマが結構あります。

よく思いつきましたね。

工藤修社長によると

元々はレンタルスペースを使って、ケータリングパーティーをやっていた。ビルオーナーさんが「屋上も空いているけど何か使えないか?」と言われて、バーベキューと組み合わせると面白いんじゃないかと。

確かに都心のビルの屋上は意外と使われていませんでした。

緑化するとか、休憩スペースにするくらいです。

そこで工藤修社長があちこちのビルのオーナーさんに声を掛けたところ、結構のってきたそうです。

ビル選び

しかし、このスキマビジネス、難しいのがビル選びです。

バーベキューは火を扱うので景色が良くても高層ビルはNG。

そして、もうひとつ大事なのが、

やはり、近隣に住宅がないこと。

バーベキューといえばお酒が入って、どうしてもボルテージが上がりがちです。

そんな時、近くに住宅やマンションがあると「うるさい!」ってことになります。

なので屋上選びの際には、あえて渋谷や新橋といった繁華街や八重洲や有楽町などのオフィス街が最適なんだとか。

売上げ

現在、都内を中心に25ヶ所のビルの屋上でバーベキュースタイルを展開している株式会社G-style。

売り上げは?

月に1,000万円くらい。

1円にもならなかったビルの屋上が、儲かるスキマに大変身。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする