[WBS] 「高級」食パンブーム到来!どんな味!?1,000円の食パン!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

食パンといえば安いものでは一斤100円ほどで買えるものもありますが、いま一斤で500円以上するような高級食パンが注目され専門店が続々とオープンしています。

高級食パンとはどんなものなの取材してきました。

俺の株式会社

東京・銀座にある「俺のBakery & Cafe」。

この店を運営するのは「俺のフレンチ」などの人気店を生み出した俺の株式会社です。

看板商品は食パンです。

その名も「俺の生食パン」。

二斤分の長さで1本900円からですが1日に2,000本以上売り上げる人気ぶりです。

その味は・・・

口に入れた瞬間、フワッと・・・柔らかいですが噛むとモチモチとした弾力が一般的な食パンとは比べ物にならないほどあります。食パンの概念が変わりますね。

小麦粉は国産の「キタノカオリ」などを使用。

また牛乳はさわやかなコクが特徴の中洞牧場のものを使用しています。

さらに「俺の生食パン」を監修した榎本哲さんは、

小麦粉の一部を熱湯でこねる。それを1日かけて冷やすことで甘みと弾力がでる。

これまでフレンチやイタリアンといった飲食店を展開してきた俺の株式会社。

高級食パンに力を入れた理由は?

俺の株式会社の坂本孝社長は、

食パンに高度な味を求めているニーズがあった。

現在都内に3店舗展開している俺のベーカリー&カフェ。

6月から銀座店でだす「俺の生食パン」を「銀座の食パン」と名前を変えて売ります。

「『俺の生食パン』から『俺の』を抜いてリブランディングしたのは?」

これから東京五輪が来る。ますます銀座が世界一の食通の街になる。銀座に来る目的が大きので「銀座の食パン」、銀座を冠に付けた。

高級食パンのニーズ

高級食パンのニーズはいま右肩上がりで伸びています。

火付け役ともいわれるのが4月にWBSでも放送した「乃が美」。

開業からわずか4年で年間の売上げを100億円規模にまで拡大しています。

「食パンの専門店は『乃が美』が有名だが食べたことは?」

「乃が美」の研究は尽くしている。とっても美味しいですよね。そのくらいで勘弁してください。

Viking Bakery F

食パン人気の勢いに乗り、いま続々と高級食パンを扱う店が増えてきています。

バイキングベーカリーエフの小池裕達店長、

全部自社で手作りした食パン。小麦本来の味わいを出せる食パンになっている。

南青山にあるバイキングベーカリーエフ。

2017年10月にオープンした食パン専門店です。

食パンの味の種類は実に11種類。

シャンパンに漬け込んだドライストロベリーを練り込み焼いた「シャンパン&ストロベリー」やさらにはデトックス効果がある竹炭とトマトを使った黒い変わり種の食パン「竹すみ&ドライトマト」まで揃えています。

価格は高いものでは1,000円する食パンもありますが、お客様どう感じているのでしょうか?

食べた感じが全然違うと思う。安いものと比べて。

けっこう大きいので価格はそんなに高くないと思う。

高級トースター

高級食パンブームを後押ししたのが近年人気の高級トースターです。

スチームで余分な油を落として焼くシャープの「ヘルシオグリエ」や人工衛星にも使われている素材を使い素早く高温で焼き上げるトースター「グラファイトグリル&トースター」など市場にはさまざまな高級トースターが登場しています。

Toffy自由が丘

こうした高級トースターを実際に試せる店も・・・

トースターなどの家電を販売するこの店では食パンを実際に焼き比べることができ、気に入ればその場で購入もできます。

5,000円というお手頃な価格の「Toffyオーブントースター」も人気ですが、お客様の関心が高いのはやはり高級トースターだといいます。

キングジム・開発本部の二藤部晋さん、

買ってきたばかりのパンはどれで焼いてもおいしい。2~3日置いた後に作ったばかりの味を再現できるのが高級機種。

体験をしに来たお客様は、

バルミューダのトースターを試したくて来た。おいしいです。さくふわ感が全然違う。

2万円だったら出してもいいかなと。おいしければ。

水蒸気を使う独自の焼き方が評判となり今まで約36万台を売り上げているバルミューダのトースター「BALMUDA The Toaster」。

2万5,000円という高価格にも関わらずこの店でも販売は好調です。

「2万円なのに売れている?」

それが今の関心の高さかなと。良いトースターでいつものパンを食べたらおいしい。良いトースターでおいしいパンを焼いたらどんな感動があるのか期待する。相乗効果でトースターの売り上げにつながっているのではないか。