[WBS] まるで田畑の「お掃除ロボット」!?ドローンが完全自動で農薬散布!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

いまドローンが様々な用途で活躍し始めていますが、今回新たにドローンを使ったコメ農業の支援システムが登場しました。

このシステム、お掃除ロボットのように完全に自動で飛び回って農家の労力を大幅に減らそうというものです。

果たして、その実力は?

株式会社ナイルワークス

10月10日、都内で開かれた会見。

ナイルワークスのドローンが普及することで生産性が向上する。

会見の主役はドローン。コメ作りを手助けするものだといいます。

ここに水車場の歯車が見えますが、これは軽量をしている。農薬やモミの量をここで正確にコントロールしている。こういう仕掛けを持っているのは世界でうちだけです。

開発したのはベンチャー企業のナイルワークス。

社長の柳下洋さんは自社の専門分野であるAIをドローンで生かそうと考えました。

3次元空間を自由に動けるときに荷物を配達したり設備の点検をするのではなく、作物がどういう状態かを鳥やチョウチョや虫の視点で見て、その知見を使って農業を効率化しようと思った。

農業の働き方改革

ナイルワークスが目指すのは農業の「働き方改革」。

ドローンが稲の30センチ上を完全に自動で飛行し薬剤を散布します。

飛行するエリアはアプリで管理されていますが、11種類のセンサーによって飛行の水平位置の誤差はわずか2センチだといいます。

さらに特徴的なのはドローンのカメラで撮影した映像。実は稲を1株単位で診断していて、成長状態の管理それぞれに合わせた肥料や農薬散布の提案をしてくれるといいます。

価格は350万円。2018年4月に全国の農家に試験的に販売し、2019年には500台の販売を目指します。

この事業の拡大に向けて今回、ナイルワークスは第三者割当投資を実施。産業革新機構や住友商事、JA全農などの企業や団体から総額8億円の支援を受け、さらに開発を進めます。

産業革新機構の浜辺哲也専務は、

こういうベンチャー投資で日本の未来を切り開いていくのが役割。高齢化や就業人口減少の問題がある中、ドローンで農業の生産性が上がると期待。

ナイルワークスの柳下社長、

上から見ると、これだけ植物がよく分かると人類が気づいたとき新しい農業が生まれる。