[WBS]【THE行列】上州名物「もつ煮」

ワールドビジネスサテライト(WBS)

全国津々浦々を巡るトラックドライバーの皆さんを虜にするグルメが上州・群馬にありました。

そのヒミツを探りました。

永井食堂

国道17号を群馬から新潟方面に向かうと見えてきたのは大衆食堂「永井食堂」。

集まっていたのは全国のうまいものを知るドライバーたち。

通ると寄っちゃいます。

最高です。群馬で一番うまい。

トラック野郎の舌をもうならせる絶品グルメとは?

群馬県渋川市にある永井食堂。週末の土曜日、午前10時過ぎから多くのお客様でごった返します。

トラックが寄る店はおいしいと口コミが広がり、土曜日は店の前に長蛇の列が・・・入るのに20~30分待ちです。

並んでまで食べたい、そのメニューは・・・

もつ煮定食

お客様の9割以上が頼むという上州名物「もつ煮定食(590円)」。

越後みそと信州みそをブレンドした味噌に、こだわりの国産豚のもつ、さらに地元群馬のコンニャクが入っています。

この店を切り盛りするのは女将さんの永井昭江さん。

「なぜ並ぶようになった?」

うまい、安い、早い。

一体、どれだけ早いのか?

はい、そちらの2名様、注文は?

並んでいる間に注文を聞き、

はい、どうぞ。おまたせ。

席に着くと、

はい、もつ大盛り。

なんと10秒で運ばれました。

厨房では7人の女性従業員がてんてこ舞い。その手際の良さで繁盛店を支えていました。

独自ルール

ところで、この店には独特のルールがあります。

お盆、そのまま縦でね。

出されるお盆の向きが縦。

店はカウンターだけの25席と狭いため、隣同士でぶつからないように皆、お盆を縦向きで食べます。

おいしいです。

自動販売機

この日は、もつ煮定食が500食以上も売れお店は終了。

しかしこれで終わらないのが行列店。外にもヒミツがあります。

世界でここだけというもつ煮の自動販売機です。

3食分のもつ煮が入ったパック「もつっ子(1,070円)」が出てきます。

午後6時の閉店後、様子を見ていると・・・自動販売機に近づく人影が。

「こんばんわ、テレビ東京ですけど。」

便利ですね。自動販売機があるから気軽に寄れる。

何度でも食べたくなるので、自動販売機になると気軽に買えるのでいい。

閉店後も客足は途絶えません。

ドライバーにとどまらず、多くの人に愛されるもつ煮。

明日もまたここに行列ができます。

味を変えないで続けていきたい。この味でお客様は覚えているから。小さい子も食べている。この味を大事にして伝えていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする