[WBS] 三菱自動車工業の問題で国が独自に走行試験!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車工業株式会社による燃費データの改ざん問題を受けて国土交通省は来月から問題となっている4車種の燃費データを独自に得るための走行試験を行うことを明らかにしました。

国が走行試験を行うのは異例のことです。

石井啓一国土交通大臣

本来メーカーから出された走行抵抗値を信頼して燃費や排出ガスの検査を行ってきたが、三菱自動車工業株式会社は信頼を損なった。

国による独自の走行試験は5月2日から「自動車技術総合機構」が実施します。

6月中には結果を公表する予定です。

国土交通省は4月28日に今回の不正を受けて再発防止策を考える初めての会合「メーカーの不正行為を防止するためのタクスフォース」を開きました。

燃費データを抜き打ち検査する仕組みの導入など自動車メーカーが提出したデータのチェック方法を早急に取りまとめる方針です。

岡山県総社市

三菱自動車工業株式会社の取引先企業の多い岡山県総社市では三菱グループに対し「企業版ふるさと納税」制度を利用して1億円の納付を求めるように決定しました。

1億円は取引先企業などからの相談窓口の設置や助成金などの費用に使用する考えです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする