[WBS] 仲介手数料が0円 借り手も貸し手も喜ぶワケは?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

住宅を購入するときや賃貸契約をしたときに発生する仲介手数料。

購入の場合でしたら購入金額の3%+6万円。
賃貸の場合でしたら家賃の1ヶ月分。

この仲介手数料の考え方が変わってきています。

仲介手数料無料のウチコミ!

「ウチコミ!」では大家さんと直接交渉をして賃貸契約をします。

借り手側は大家さんと直接契約をするから仲介手数料が全物件無料です。
大家さんは契約を担当した不動産会社に仲介手数料を支払ます。

不動産会社が仲介していないので、不動産会社の都合で物件が掲載されないことや紹介されないことがありません。
その代わり、大家さん自らが自分の不動産をPRしなければいけません。

また大手のポータルサイトでは物件を掲載するだけで費用が発生します。
「ウチコミ!」では掲載料は無料で契約が成立した時だけに仲介手数料として費用が発生します。

現在、物件数が約4,400件で約16,000人がユーザー登録されています。

「ウチコミ!」を運営する株式会社アルティメット総研の代表取締役の大友さんは、今後不動産のポータルサイトが10年以内に無くなると言っています。

カウル

カウルは株式会社Housmartが行う不動産購入・売却の新しいサービスです。

カウルが始めたのは月額制。
仲介手数料を無料にする代わりに、月々1万円の月額利用料を支払います。

5,000万円のマンションを購入した場合、約168万円の仲介手数料が発生していました。
もしカウルのサービスを始めて6ヶ月で同じマンションを購入した場合、6万円の月額利用料を支払うだけ。

160万円以上も得をしますね。

カウルでは物件購入後もサービスを継続して頂くために新しいサービスを検討しているそうです。

不動産会社での経験。

20代前半の頃に半年間ほど不動産会社に勤めていました。
応募をした訳でもなく、面接を受けた訳でもなく、なんとなく流れで勤めることになった不動産会社です。

その会社は注文住宅条件付きの物件を主に販売していました。
給与は歩合制で仲介手数料を会社と折半で頂けました。

勤めていた半年間の間で中古戸建を1件販売してことがあります。
中古住宅の販売にあまり興味がなかったので仲介手数料を3%から2%に下げるからと言って契約をして頂きました。

そしたら社長が激怒!
会社の取り分は1.5%のままで、わたしの取り分を0.5%にするから問題ないと思っていましたがダメでした。

理由は簡単。他の不動産会社に舐められるから。
あそこの会社は仲介手数料を下げてくれるとお客様に噂になったら困るからです。

先輩からも怒られましたね。
購入金額の3%+6万円は法律で上限が決まっているだけ。

でも当時はそれを値引きする考えは不動産会社にはありませんでした。

どんどん時代は流れていると思った内容でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする